1. まとめトップ

ファンの人は見ないで!上野樹里、裏の顔。ドラマ【アリスの棘】で3年ぶりに復帰。

ドラマ「江」以降、“消えた”“干された”と言われていましたが、「アリスの棘」(TBS系/金曜夜10時~)で3年ぶりにドラマ復帰することになった憑依系女優、上野樹里。なぜ表舞台から遠ざかっていたのか。上野樹里の裏の顔を探ってみました。

更新日: 2014年03月25日

yuyu732704さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 1145760 view
お気に入り追加

2006年に連ドラ初主演を務めた“月9”ドラマ『のだめカンタービレ』の野田恵役が大きな話題に。以降、性同一性障害の女性を演じた『ラスト・フレンズ』、“Twitterドラマ”と呼ばれ話題になった『素直になれなくて』(すべてフジテレビ系)、興収41億円のヒットを記録した映画『のだめカンタービレ 最終楽章』と立て続けに出演したが、11年の『江』の出演を境に、CMを次々と降板。しばらく、表舞台から遠ざかっていた。

上野樹里が消えた「本当の」理由

「はまり役だった『のだめカンタービレ』以降、役のイメージが拭えず、『何を演じても“のだめ”に見える』という声が付きまとった。また『江』では、序盤に24歳の上野が、6~7歳の幼少期を演じたため、多くの視聴者が『ムリがある』『大河というより、コント』と失笑。さらに『江』は、極端な演出が目立ったため、そのたびに物議を醸し、視聴率は右肩下がりに。これらのバッシングを本人が気にしてしまい、自信を喪失したとウワサされています」(芸能ライター)

実像を知るスタッフ100人に徹底調査。2度と仕事したくないTV美女(1)武井咲、上野樹里

「撮影中、プロデューサーに日傘を持たせる上野の姿を見て愕然としましたよ。共演する俳優たちからは、すっかり『日本で最もメンドーなヤツ』と評判になっていて、キャスティングしにくいです」(民放局ディレクター)

「映画のヨーロッパロケで、現地で宣伝も兼ねて記者を集めたのですが、共演俳優の熱愛に質問が及ぶと、上野が『関係ないでしょ!』と怒りだして、撮影どころではなかったですよ」(映画会社スタッフ)

「震災以降、余震が続き、ドラマ放送中にもしばしば地震速報のテロップが流れました。
ある時、テロップが多くなって、江姫の顔にかぶった。
上野はそれに激怒して、
『テロップを顔にかからないように直してっ!』
とスタッフに詰め寄ったそうです」(芸能関係者)
(以上引用 週刊文春)

「演出家が上野の出演するシーンについて、色々注文を出したのですが、なかなかうまく伝わらなかった。
すると上野がキレて、
『一体、何を撮りたいのよ!
あんたの説明が悪いから何を撮りたいのかわからない!
わかるように話してくれれば、ちゃんとやるから!』
と怒鳴りつけたのです」(NHK関係者)

番組宣伝用のプロモーション映像やスチール写真の撮影でも、
「カメラマンがいろいろなポーズや表情などを要求したら
『そんなこと言われても、私できない!』とへそを曲げてしまった。(以上引用 週刊文春)

ドラマ「江」でスタッフを悩ませた気まぐれ注文

馬に乗るシーンで、乗馬の専門トレーナーに1ヶ月ほどトレーニングを受けたという上野さん。
(以下引用)
「放送では乗馬のシーンが一部しか使われなかったので、上野は
『これだけしか使われなかったの?一生懸命やったのに!』
とスタッフに不満をぶちまけていた」(芸能関係者)
(以上引用 週刊文春)


「城が燃えるシーンで、上野はスタッフに『煙をもっと出して』と言いました。
スタッフが言われた通りに煙を多めに出したところ、煙たかったらしく、
『煙を出しすぎなのよ!』と怒られたそうです」
(以上引用 週刊文春)

「普段は撮影スタジオの隅にある『関係者以外立入禁止』の立看板が、撮影中は入口のドアの前に置かれている。
理由は上野が『気が散る』と言ったからだそうです」(NHK関係者)

「鈴木保奈美や宮沢りえなどの収録現場を見学に行くんです。
後輩が自分の出番でもないのに、先輩の収録を見るのは失礼、という不文律がありますが、上野はお構いなし。
先輩女優の集中力を著しく削いでいるといわれています」(芸能記者)
(以上引用 週刊文春)

大ヒットドラマ『のだめカンタービレ』でもこんなことが

「出演したエキストラの子供たちが、上野を見て駆け寄ってきたところ、『触るな!』と怒鳴ったんです」(番組スタッフ)

映画『キラー・ヴァージンロード』の番宣取材では

「取材中に突然トイレに行ってしまったり、試写会場を走りまわるなど、周りのスタッフは彼女を抑え込むのに一苦労でした」(映画関係者)
(アサヒ芸能)

松本潤の肌荒れが加速!?“性格難女優”上野樹里との共演で錦戸亮や亀梨和也にアドバイスを求める

「フジテレビ系ドラマ『ラストフレンズ』で共演した関ジャニ∞の錦戸亮や日本テレビ系『金田一少年の事件簿 吸血鬼伝説殺人事件』で共演したKAT-TUNの亀梨和也に〝取材〟した結果、上野がいかに面倒な女優であるかを聞かされて恐れているというんです。24時間ケータイに電話が掛かってくる、撮影所からいなくなる、飲み会は朝まで続くなど枚挙にいとまがない。それを耳にした松潤は『怪獣だ!』とびびりまくってしまったそうですよ」(事情通)

しかしやっぱり、人気があります。

「お芝居のこともそうだけど、料理のレパートリーが増えたり、好きなお店が増えたり、そういうことがみんな“上野樹里”という木に実る果実。一度にパッと成長し花開くのではなく、ちょっとずつ、どんな木になっても“ああ、昔から知ってる同じ木だね”そう思って貰えたら嬉しいです」11年

『アリスの棘』では、冷酷な“ダークヒーロー”を演じる上野。復帰作にふさわしい結果を残せるだろうか?

1





yuyu732704さん



  • 話題の動画をまとめよう