1. まとめトップ
  2. カラダ

つら~い 『便秘と腰痛』ってセットの可能性が・・・

便秘と腰痛ってダブルで辛いものがありますよね。ところが便秘が原因で腰痛を誘発している可能性があるのだとか。。。なんとか便秘を改善してすっきりと日常を送りたいものです。

更新日: 2014年03月09日

taiyo-7188さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
55 お気に入り 80103 view
お気に入り追加

▼便秘と腰痛が・・・

便秘によってお腹が張ることは良く知られていますが、腰痛になるのはあまり知られていないのではないでしょうか

腰痛と便秘って別々の症状と思いがちですが、密接な関係があるようです。

それは便秘によりお腹がはってさまざまな症状を誘発するのだとか。

腸の膨張はほかにもさまざまなトラブルを起こすことがあります。たとえば腰痛です。

▼腸腰筋性(ちょうようきんせい)腰痛

ある種の腰痛には、合併症として「便秘」の症状がでてくるものがあります。「腸腰筋性(ちょうようきんせい)腰痛」です

腰椎と太ももの骨をつないでいる筋肉(腸腰筋:ちょうようきん)が硬くなり、腰椎を前方に引っ張り、出てくる腰痛です。

腸は腸腰筋の前に位置する臓器なので、腸腰筋が硬く緊張していると、腸も緊張して硬くなります。そのため、便を押し出すぜん動運動が緩慢になり、便秘を引き起こしてしまうのです

▼原因って・・・

便秘になると、便やガスが大腸を膨張させてしまい、お腹が張ってしまいます

有害物質には、悪臭のもとともなる、アンモニア、硫化化合物、フェノール、インドールなどが含まれ、これらは尿毒素の一部としても知られています。

便秘が続くことで、大腸内の悪玉菌が増えて、その腐敗発酵によって有害物質が生成するために、血液が徐々に有害物質で汚染されます

便秘であれば夏場に放置された牛乳が腐敗するような食物カス腐敗があなたのお腹の中で起こっています

この有害物質が血液に入り、さまざまな症状を起こすようです。

例えば、冷え性、肩こり、頭痛、イライラ。。。

他には、肝機能が毒素の解毒で過労状態になり機能が低下して疲労感、新陳代謝の低下などがあります。

腸に溜まったガスは腸壁から吸収され血液に混じり血液を汚します。汚れた血液は全身に送られ腰に達したときに腰痛を悪化

便秘がちの方などは腹筋などの筋力が弱い傾向が多いため、腰を支える筋力の低下によって腰痛が出やすい傾向があるようです

▼対策

腹筋を強化することで腰痛の予防にもなり、便秘も解消されることに。腰に負担の少ない運動によって腹筋を鍛えてみましょう

腹筋ならどこかに出かけることもなくできます。

一番大事なことはすぐに結果がでなくても継続することです。

腸は歩行によって動かされ刺激される臓器ですので腸が動けば便秘解消しやすいですし、血液がしっかりと腸まで届きます

お風呂でゆっくり温まったり、適度な運動をすることで、代謝もアップ

お風呂にゆっくりと入りましょう。
普段忙しくしているとなかなかこういう機会もないのではないでしょうか。。

心身ともにリラックスが大事です。

食事で気を付けるならゴボウなどの食物繊維を多く含む食材や、乳酸菌を含むヨーグルトなどを夜寝る前にとるのも良いとされています

骨盤の歪みによって便秘と腰痛が同時に引き起こされる場合もあるため、デスクワークなどで骨盤に歪みを感じている方は、整形外科等で骨盤や姿勢の状態を確認し、矯正していくことも大切

1





taiyo-7188さん

生活の中でのためになる話、美容、健康などについてまとめていきたいと思ってます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう