提供:第一三共ヘルスケア

体からの警告?「口内炎」でわかる体調リスクにビビる…

放っておいてもそのうち治るし、なにもせずに我慢!っていう人も多いのでは?そのままにしとくと悪化したり、他の病気が隠れていることも…。「たかが口内炎」ではなく、ちゃんと向き合うのが大事なんですね。

更新日: 2016年02月12日

332 お気に入り 878192 view
お気に入り追加

実は口内炎大国の日本。

10~50代における過去1年間の口内炎経験率は53%、人口にすると約4,000万人にのぼる。男女別では全ての世代において「女性」の方が若干多く発症している

通常、1~2週間で治療しますが、再発を繰り返します。20~30歳代の若い人に多い

20代女性は70%…思ってたより多い。

とは言え、30代男性で5割、40代男性も4割の人が「過去1年の間に経験アリ」

日本人の食生活は、ビタミンB群が大幅に不足していることがわかっている。不足すると粘膜がただれ、口内炎ができやすくなる

そもそも日本の食生活から問題が。。

「放置」は負のスパイラルへの一步。

舌に口内炎ができてほっとけば治ると思ってほっといてから5日が経ちましたが、治るどころか2つ目まで出来て、それまで痛みより食欲が勝ってましたがもう食欲ないし もはや喋るのも痛くて涙が出ます。

口の中のどっかを噛む→膨らむ→また噛む→激痛が走る→懲りもせずまた噛む→繰り返す→口内炎になる→それも噛む→分裂する→口内炎が増える この悪循環をどこかでどうにか断ち切りたい

口内炎が先週から消えない。舌に1つ唇裏に3つあったと思ったら、その3つのうち2つが合併して、また新たに1つ増えた。がーん。栄養や睡眠に気をつけていたのに。もう薬を買うしかないか。

すぐ治るからヘーキ。と侮る無かれ

痛みで歯磨きが面倒になりがち。放置すると、悪化し虫歯や歯肉炎になるリスクも出てくる

口の中の菌を減らして清潔にたもつことが重要なんだとか。

頻繁に口内炎が発症する場合や、症状が非常に重い場合には、何らかの病気を患っている可能性が。早めに医師に相談してください

たかが口内炎…って無視しちゃダメ。

知らんかった。。多方面から襲ってくる口内炎

チョコレート ・ナッツ ・貝類 ・小麦類 ・トマト・柑橘系のフルーツ・チーズ ・酢 ・ミルクなど食品アレルギーで口内炎になることも

胃がストレスか食べ物・お酒でやられ、免疫が下がり、結果として口内炎になるので、胃を何とかすると改善する

そこまで気にしてなかった。

口の中の乾燥は、粘膜の持つ免疫力の低下につながる。お水をこまめに飲んだり、ガムをかんで唾液の分泌を促して。

清潔さは口内炎予防の第一歩。

口内炎でつらい「痛み」を抑える薬や塗り薬などとともに、日常的にビタミンB2、B6の摂取も心がけることが大切

とは言え、ビタミンB群が足りない日本人…

「トラフル錠」
薬局で「口内炎の飲み薬はないの?」という声から誕生したらしい。

つらい口内炎を治す口内炎治療薬「トラフル錠」。抗炎症成分が炎症のもとに作用して、痛み・はれを鎮めて治す

患部に貼って治す「トラフル ダイレクト」、口の奥にある患部にも使いやすい「トラフル クイックショット」などタイプ別に選べる

症状がつらい場合や少しでも早く治したい場合には、飲んで痛みを鎮める「トラフル錠」と塗り薬の併用が効果的

口内炎だけでなく、咽頭炎や扁桃炎などによる「のどの痛み」にもいいらしい。

1