1. まとめトップ

松たか子の歌声を世界が大絶賛!! 映画「アナと雪の女王」

松の美声を世界が絶賛-。ディズニー映画「アナと雪の女王」(14日公開)で主人公・エルサ役の声優を務めた世界25カ国の女優が主題歌「Let It Go」を歌いつなぐ動画がYouTubeで公開され、日本語版を担当した松たか子(36)の歌声が大反響を呼んでいることが9日、分かった。

更新日: 2014年07月24日

anounimusumeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
176 お気に入り 722677 view
お気に入り追加

松たか子の歌声に世界が大反響!「アナと雪の女王」

ディズニー映画「アナと雪の女王」(14日公開)で主人公・エルサ役の声優を務めた世界25カ国の女優が主題歌「Let It Go」を歌いつなぐ動画がYouTubeで公開され、日本語版を担当した松たか子(36)の歌声が大反響を呼んでいることが9日、分かった。

松は全3分56秒の曲のうち1分13~19秒のパートを歌っているが、このわずか6秒に世界が注目した。

世界を驚愕させた6秒間(1分13~19秒)

日本語吹き替え版でヒロインのエルサを演じる松たか子さんが作中で歌う『Let It Go』

日本語吹き替え版でヒロインのエルサを演じる松たか子さんが作中で歌う『Let It Go』

動画を見た海外の反応

ディズニー最新作の『アナと雪の女王(原題:Frozen)』

ディズニーの最新作『アナと雪の女王』は現在世界で8億ドルを超えるヒットとなっており、日本では3月に公開が決定しています。

『アナと雪の女王』(アナとゆきのじょおう、原題:Frozen)は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ製作による2013年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画である。ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』が原作とされるが、ストーリーは完全オリジナルといえるほど異なっている

受賞

第71回ゴールデングローブ賞[20]
アニメ映画賞
主題歌賞ノミネート(「レット・イット・ゴー」)

第41回アニー賞[21]
作品賞
監督賞(クリス・バック、ジェニファー・リー)
声優賞(ジョシュ・ギャッド)
美術賞(マイケル・ディジャイモ、リサ・キーン、デヴィッド・ウオマスリー)
音楽賞(クリステン・アンダーソン=ロペス、ロバート・ロペス、クリストフ・ベック)
受賞

第86回アカデミー賞
長編アニメ映画賞
歌曲賞 (レット・イット・ゴー)

評価

第86回アカデミー賞において『風立ちぬ』で本作とアカデミー長編アニメ映画賞を争ったスタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫は、宮崎駿が1957年のロシア版アニメ映画『雪の女王』を見て強い関心を持っていたエピソードを明かしつつ、本作について、原作を大幅に変えながらもその精神である自己犠牲のテーマを変えておらず、なおかつ原作どおりに2人のヒロインを「男の子」の手を借りずに描き、「感心したのと同時に、今の時代を表している作品になっている」と述べた。

日本公開

第86回アカデミー賞で長編アニメーション映画賞及び主題歌賞の2冠を獲得したミュージカルアニメーション『アナと雪の女王』が満を持して3月14日(金)より日本公開される。

試写会上映後のアンケート調査では、作品への評価で、星4つ以上(星5つ満点)をつけた人が来場者全体の9割を占めるという高評価を得た。

1 2 3





anounimusumeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう