1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

復習の時代は終わり?タブレットを活用した反転授業が進んでた

これまでの学校で授業を受けて、家での復習スタイルが変わってきてる…!「反転授業」なるいまの時代にマッチした授業スタイルをまとめてみました。

更新日: 2014年03月17日

pintandaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
120 お気に入り 25962 view
お気に入り追加

これまでの授業の形が変わってくるかも?

予め自宅で授業の動画を見て予習しておき、学校では話し合いや以前なら宿題などに任せてきた課題学習などを充実させる授業スタイル

理科の実験などの授業を充実させる

教師が生徒1人1人に対して、きめ細かい対応をすることができ、生徒にとっても自分のペースで学習に取り組める点がメリット

一部の小学校では春から本格導入される

武雄市教育委員会は5月から「反転授業」を市立小学校全11校で開始。4月から全児童にタブレット端末が貸与される

自治体単位では全国初

既にタブレット型端末iPadを貸与している2校の5、6年生を対象に、昨年11月から算数、理科の2教科で反転授業を先行実施している

5月からは3年が算数、4~6年が算数と理科で順次導入する

教育現場では事前準備への不安の声も

反転授業を知っている教員の7割は興味を持っているが、事前準備などへの不安から、実際に経験があるのは希望者の1割に満たない

生徒と教員の双方に事前準備が必要であり、その時間をどう生み出すのか、定着させるのかという不安があげられている

効率性を考えれば、反転授業はこれからの時代にあっているが、取り残される生徒が生まれる可能性があり、学力格差が不安視される

春からより本格的になりそう

NTTドコモなどが運営し、大学教授陣による本格的な講義をパソコンやスマートフォンを使って、オンラインで無料受講できる

4月14日から順次開講。すでに受講生を募集している講座もある

「MOOC(ムーク)」と呼ばれるアメリカの教育サービスでは、スタンフォード大学などの講義を誰でも自由に視聴でき、それの日本語版にあたる

世界中から延べ1000万人以上が受講するほどの動きが起きている

すべての講義を受講後、最終テストなどに取り組み、修了条件を満たすと「修了証」を取得できる

東京大学の本郷教授の講座においては、オンライン学習をもとに対面で発展的な講義を行う「反転学習コース」を有料で提供する

「反転学習コース」をオンライン学習で提供するのは、世界でも初めての試み

1





pintandaさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう