1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

壇蜜もハマる!投資としての「駐車場経営」はどのくらい儲かる?

人気絶頂のタレント・壇蜜さんが、副業として駐車場経営をして儲っているとの報道。都会では特になくてはならない駐車場ですが、投資として経営するとどれくらい儲るものなのか?その方法などをまとめました。壇蜜さんはかなり堅実のようです。

更新日: 2014年03月20日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
921 お気に入り 811571 view
お気に入り追加

・タレントの壇蜜さんが、副業として駐車場経営をしているとの報道

妖艶な魅力で大人気の壇蜜さんが、駐車場経営を

壇蜜さんが、芸能生活に近く見切りをつけ、駐車場経営をしたいと語っており、衝撃を呼んでいる

「もう芸能界はいいかなって(笑) やっぱり立体駐車場の経営が儲かるのかなって」

壇蜜は土地を購入後にパーキング会社と契約し、都内3カ所で駐車場を経営。その収入だけで年800万円程度は稼いでいるよう

「壇蜜は、ことあるごとに『将来は立体駐車場を経営したい』と冗談めかして言っていますが、それもすでにうまみを知っているからこその発言かも」(芸能ライター)

・壇蜜さんのように不動産投資の対象として人気の「駐車場経営」

駐車場は、主に固定資産税を払うだけの土地を遊ばせておくのがもったいないということで、有効活用策として用いられることが多い

遊休地を有効的に活用する方法として、駐車場経営は資金的負担も軽いことから不動産投資の一つとして挙げられる

投資資金が少なくても、経営ノウハウがなくても、気軽に始められる活用方法として人気

・「駐車場経営」のメリットは?

少ない初期投資で始められ低リスクというメリットが

少ない初期投資

平面駐車場の場合は、初期投資ゼロでの活用もすることができます。立体駐車場の場合は、設備を充実させる必要がある場合もありますが、建物を立てる場合に比べると投資額を大きく抑えることができます

低リスク

駐車場経営の特徴でありメリットは、なんといっても比較的少ない資金で始められ、仮に失敗してもそのダメージは小さく、低リスクであるということ

狭小地や変形地でも活用できる

マンションやアパートが立てられない狭小地や、変形地で活用しにくい土地でも、駐車するスペースがあれば、駐車場として土地活用できるのもメリットです

転用や更地への復帰が簡単

駐車場は借地借家法の適用対象外なので、事前の通告のみで、利用者を立ち退かせることができます。したがって、売却やマンション建設、相続税における物納など、他の活用法への転換も簡単

・もちろんデメリットもあり投資なのでリスクも

ただし投資と考えるとデメリットもあります

税制上のメリットが少ない

アパートやマンションの経営と違って、駐車場には固定資産税の優遇措置がありません。また駐車場は更地なので、相続税対策においても税金上の恩恵を受けられないのです

所得税負担が大きい

平面駐車場の場合、減価償却費がありません。立体駐車場の場合も、「建物」と比べれば減価償却費は少ないです。「支出を伴わない必要経費」が少ないので、所得税が課税される部分もそれだけ大きくなります

立地に左右される

駐車場経営は、立地条件が悪いと、利用者が少なくなるので、収入が安定しない可能性があります。コインパーキングや月極駐車場の利用料金を下げるなど、工夫が必要になります

駐車場が埋まらなければ儲らないリスク

月極駐車場の場合、契約者以外の車が無断駐車したり、なかなか契約者が決まらなかったりして、思っていた収入が得られないリスク。コインパーキング経営の場合も、利用者が少なく、思っていた収入を得られなかったり、料金の踏み倒しや、精算機から売上金を盗まれたりするリスク

・「駐車場」の形態はさまざま

青空の更地に区切り線を引いただけのものから管理人が常駐したタワーパーキング、駐車場ビル、各地で目につくコインパーキングと、経営形態にも様々なスタイル

・管理や運営もさまざまなパターンが

1 2





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう