1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

「話し上手」になるには「◯◯話」を磨け!その話し方とコツとは?

話が面白い、上手な人って魅力的ですよね!話が上手な人に共通する特徴として「例え話」がうまいということが挙げられます。そんな、「例え話」を上手に決める為には生まれ持ったセンスではなく、コツと練習が有りました。その方法を「例え話」の効果とともにまとめました。

更新日: 2014年03月18日

E_numaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4680 お気に入り 424718 view
お気に入り追加

「例え話」ってなんの為にするの?

Photo by Jupiterimages / Photos.com

上手い例え話は印象が強く、人の記憶に残る。仮に内容を忘れていてもそのことについての話になった時、すぐに思い出せる。

なんとなくわかったようになる。この“なんとなくわかったような”というのが、すごく大切なところです。

「クリープの入っていないコーヒーなんて、星のない夜空のようなもの」これだって、「クリープを入れないコーヒーは味気ない」というよりも、イメージしやすい。なんとなく分かった気になって、心に入り込んでくる感じがするのではないでしょうか。

話す内容は、昔から変わりません。ただ“例え”は、その都度変える。同じコトを話していても、相手にとって新鮮な印象を持ち、初めて聞くような感覚を持てる。

専門性が高く、むずかしい話でも、うまい例え話のおかげで一瞬で「すっきり」と理解できたりします。

優秀な人はなぜ「例え話」が巧いのだろうか?

昔の偉人から、神様・お釈迦様・お坊様まで、様々な方がたとえ話を用いています。

例え話ができるのは、相手に伝えたいテーマが完全に「自分のもの」になっているから。そのため、有能な人ほど例え話がうまい。

重要なのは、日ごろから問題意識や関心のフックを研ぎ澄ませておくことです。『鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」』プレジデント社

話術が巧みで、人を引きつけるトークのテクを持つ人は、出世も早い。トーク力は「たとえ話」のうまさに比例する。

効果的な比喩は聞く相手にやる気を出させる効果があり、部下などを指揮するのに有効。その人心掌握の成果によって、上司からも高い評価を得ることができる。

例え話をされると、複雑な状況を単純化して、その単純化された現象に対し快楽を覚えることで、その人に対し好感を持つことに。

「例え話」にはどんな能力が必要なの?

Photo by Michael Blann / Digital Vision

具体的なことを抽象的に言い換えることができるかもっと言えば、物事の解釈を多角的に見れるかということにある。

例え話として使える事例を探します。この際、なるべく日常的でイメージしやすいものから探します。

こういった事例を思いつくには、日頃から物事を考えつつ見ていることも有効です。

「例え話」の練習方法!

そんな「比喩力」を磨くためのトレーニング、ひとつ目は「共通点探し」。

大切なのは、五感が働いて、せっかく感じたことを無意識にやり過ごすのではなく、きちんと言語化してみること。

単純な形容詞を使わない。「きれい」と言わずに女性や景色の「美しさ」を表現してみる。

サザエさん一家を例にした「マスオさん状態」や、"決してのぞいちゃいけません"を意味する「ツルの恩返し状態」といった使い方

日々人と話したり、新聞や本を読んだり、広告を見たり、看板を見たりする際に、「この本質は何だろうか、何のためにこうなっているのか?」と疑問を持って接するだけで、そうした能力は向上します。

古今東西の格言やことわざを調べ、話材に使えそうなものをピックアップしておくこともよい

常に「例え話」を作って、優秀な人の仲間入りしましょう!!

1





E_numaさん

仕事や人生をよりよくする方法を書いていきたいと思います。
七転び二起きでがんばります!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう