1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

3D空間でプレイできる!Sonyが発表したヘッドセットが熱い

現地時間3月17日~21日にアメリカで開催中されている「GDC 2014」で発表されたソニーの「Project Morpheus」が凄そう…。というか、ゲームのコントローラーとかそのうち無くなっちゃいそうですね…。

更新日: 2014年03月20日

Maco-nyaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
147 お気に入り 152881 view
お気に入り追加

世界中のゲームファンが注目するカンファレンス

現地時間3月17日~21日にアメリカで開催中されており、世界中のゲーム開発者が集うカンファレンス「GDC 2014」

本セッションは、公式ガイドに掲載されず、開幕の直前に急遽追加された経緯もあって「何か大きな発表が行われるらしい」と、開催の2時間前から聴講希望者による長蛇の列ができた

そこで、すごい近未来的な製品発表キタ…!

モーフィアスって名前は、ギリシャ神話に登場する“夢の神”に由来。

ソニーがプレイステーション4用に開発中のバーチャルリアリティ・ヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」を公開した

3D表示が可能なヘッドマウントディスプレイで、バーチャルリアリティによりゲームプレイの臨場感を高めるためのデバイス

武器などを扱うゲームにおいてはコントローラーを使用し、ユーザーの手と武器を再現。実際に動かしながら戦うアクションを実現

音や映像もリアルタイムで自動に切り替わる優れモノ

実際に被って操作している様子が見られます

プレイヤーの頭部の動きや位置を正確に検知し、コントローラーで操作することなく映像が360度全方向にリアルタイムに変化

音響面でも、前後左右からの音に加えて、上空を旋回するヘリコプターの飛行音や階段をのぼってくる足音などの上下からの音も、プレイヤーの頭部の向きに対応してリアルタイムで変わる

これによりゲームの仮想世界の中に入りこんでいるかのような体験が可能

こういうの他でも見たことある…けど?

すでに販売されてる製品(Oculus Riftなど)より見た目もスタイリッシュに機能も充実してるっぽい

現実感をともなったCG世界との一体感が得られるのが特徴で、すでに有名なのがOculus VRの「Oculus Rift」

対する「Project Morpheus」では、これまでの3Dヘッドマウントディスプレイには欠けていた、視野を覆うVR体験ができるという

また、装着感を和らげる工夫や、内蔵レンズが曇らないようなエアフローが採用され、眼鏡をかけての使用も可能

「音響」についても、スピーカーやAVアンプ、バーチャル音響製品を長年手がけてきたソニー独自の技術を使っているという

今回は試作の段階で、完成は未定だそう

製品化はまだなのか…。

ソニーが公開した Project Morpheus のヘッドセットは、「あくまで開発中の試作機であり、製品版とは程遠い」段階のもの

1 2





Maco-nyaさん

まとめて勉強してる



  • 話題の動画をまとめよう