1. まとめトップ

入手困難!?知っておいて損はないプレミア焼酎まとめ

お酒好きなら一度は聞いたことあるプレミア焼酎。生産量が少なく手に入りにくい為、中々飲む機会もなく見つけたとしても値段も高価な場合が多いとか。縁があれば一度は飲んでみたい、そんなプレミア焼酎をご紹介します。

更新日: 2014年03月25日

darkcrowさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
91 お気に入り 306142 view
お気に入り追加

プレミア焼酎といえばこれは外せない!3Mと呼ばれる焼酎

魔王

言わずと知れたプレミア焼酎3Mの一つ。フルーティな香りに負けず、口当たりがよく水のように喉を流れ込んで行き、その口当たりの良さからついつい財布の中身も忘れて次の一杯が欲しくなる、まさに魔王。

魔王(まおう)は、鹿児島県肝属郡錦江町の酒造メーカー・白玉醸造より発売されている芋焼酎の銘柄。麹として米麹を用いておりアルコール度数は25度である。樽で熟成される際、蒸発によって失われる天使の取り分に関わる天使を誘惑し魔界へ酒をもたらす悪魔にちなんで命名された。

村尾

言わずと知れたプレミア焼酎3Mの一つ。
黄金千貫、白豊を黒麹で仕込む独自の蒸留法で作られた村尾は味・香りと絶妙な一品だとか。

創業明治35年の村尾酒造が造る、鹿児島の芋焼酎です。焼酎造りの天才と言われる村尾寿彦氏が、原料調達から、生産、配達まですべてを1人で賄っているため、量が限られて限定焼酎となる。

とにかく、全てがその「味わい」にあります。
色々な要素を持つ香りは複雑で甘く、やわらか。
さらに味わい自体も口に含んだ瞬間と、後口まででかなり繊細に変わります。
スッキリしたきれいな後味がまた潔く素晴らしいと好評で、苦味のないフィニッシュは誰にも愛される味。

森伊蔵

3Mの中でも名品中の名品と呼ばれる森伊蔵。
入手方法も3M中1番困難とされ、ネットでの取引価格は定価価格の10倍以上とも噂されている。
あまりに有名すぎてネットオークションでの偽装事件も出るほど。

鹿児島産の有機栽培のサツマイモを原料とし、手間の掛かる伝統的なかめつぼ仕込みにより生産している。イモ臭さを除去したまろやかな味を特徴としている。

森伊蔵といえば、芋焼酎なのに芋くさくない。
芋というよりは、もう飴のような甘さになるまで熟成されています。
なめらかでトロみがあり風味のバランスが良いところも人気の理由。
麹用には福井県産のコシヒカリを使用、麹造りには大隅半島の高隈山系の伏流水を使用しています。

その他プレミアと呼ばれる焼酎

伊佐美

元祖幻の焼酎と呼ばれる伊佐美。焼酎通よりも女性や初心者といった方々により好まれているとか。
一般店頭や居酒屋でも比較的見かけやすい。

原料には甘味の強く皮が白い、コクのあるさつまいものコガネセンガンを使用。
最初にこれを飲めば、芋焼酎に目覚めると定評のある銘柄です。

百年の孤独

酒造黒木本店で看板商品とされる「中々」を窰で仕込み、さらにオーク樽で熟成するといった手間から大量生産が難しくプレミア焼酎とされる。

焼酎としてイメージされるより、色や香りなどがウイスキーなどの洋酒に近いという評判の百年の孤独。
アルコール分はもちろん強いのですが、その中にも甘味がほんのりと感じられます。
せっかくの風味をしっかり楽しむため、ストレートもしくはロックでという方が多いのも特長。

明治18年創業の黒木本店が造る、宮崎県の麦焼酎です。アルコール度数は40%と高め。大麦製の焼酎を長期間貯蔵し熟成させることによって造り上げた本格焼酎の絶妙なる逸品です。

佐藤 黒

焼酎ブームより一気に人気が高まり、需要と供給バランスが追い付かなくなったことからプレミア焼酎となった一品。黒麹仕込みのこの焼酎は一般に黒佐藤と呼ばれる。

明治39年創業の佐藤酒造が造る、鹿児島の芋焼酎です。黒麹仕込み独自の力強さがあり、原材料は黄金千貫を使用。アルコール度数は25度です。

とても甘くしっかりした芋の香りと、口に含んだときの強いコク。黒麹特有の香ばしい風味が鼻腔を突き抜ける感じがとても心地いい。豪快な切れ味とともに、続く甘さの余韻。
力強いお酒なんですが、決して料理の邪魔はせず、どんなつまみでも美味しく食べられる。

佐藤 白

焼酎ブームより一気に人気が高まり、需要と供給バランスが追い付かなくなったことからプレミア焼酎となった一品。白麹仕込みのこの焼酎は一般に白佐藤と呼ばれる。

口当たりが柔らかでしっかりとしたコクが感じられます。雑味のない甘みでサツマイモ本来の甘さと素直な香りを楽しむことができます。ロックでもコクがあって十分濃い感じですが、芋の香りをさらに楽しみたい場合はお湯割りにするとよいでしょう。

十四代

お酒好きで知らない人はいないであろうといわれる日本酒「十四代」の蔵元が造る米焼酎。日本酒の「十四代」以上に入手困難とされその味はまた格別だとか。

創業元和元年(1615年) 、山形県の高木酒造が造る米焼酎。シェリーの古樽に熟成させたもので、非常に生産本数が少ないです。アルコール度数は40度です。

1 2





darkcrowさん

様々な情報について分かりやすく紹介できたらと思います!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう