1. まとめトップ
  2. ガールズ

CMや口コミは信用できない…自分に合う「コスメ選び」の方法

自分に合う化粧品は自分で見つけるのが一番。白斑問題から意識し始めた女性も多いはず。自分に合ったコスメ選びのコツについて調べてみました。

更新日: 2014年03月24日

ChieChieさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
601 お気に入り 116918 view
お気に入り追加

信用を失くしつつある「化粧品」

肌を白くする「美白効果」をうたった化粧品を使った際、肌がまだらに白くなるケースがあったとして8ブランドの54製品、計約100万個を自主回収すると発表

白斑問題から半年、すでに回復された方もいるとのことですが、カネボウの発表によると、現在症状が確認されている方は約13,500人、症状の改善が見られた方は約3,500人

アレ以降、なんか変なとこの石鹸かっちゃダメだなって強く思ってたら、普通にカネボウの化粧品が白斑問題出してたり、もうこれ、わかんねえな?

あれが良い、これが良いって結局自分がどこまで信用しているか。なんだよね。化粧品に限らず薬もそうだけど。化粧品なんて何をどう謳おうが異物でしかないので。

最近の化粧品やシャンプーのCMはCGを使い過ぎて信用性に欠けるから、何を買っていいのかわからない。

「自分の肌は自分で守る」意識をもつこと

安心してスキンケアするためには、それなりの準備が必要。

店頭でつけた感触だけで購入を決めずに、サンプルをもらって帰ることがおすすめ。店頭では手の甲で試すことが多いですが、手と顔では皮膚の厚さも異なります

3日くらいサンプルを使用するのがオススメ。

特に生理前には新しい化粧品を試すのは避けた方が良い。生理の終わったタイミングがホルモンバランスが一番安定し、化粧品本来の効果を実感しやすい理想的な時期

継続使用できる価格かどうかは最重要ポイント。販売店が継続的に購入できる環境かどうかも大切。取り寄せや通販ができるかどうかも確認

合成界面活性剤や防腐剤、タール色素、着色料など悪性のものが含まれていないかどうかも大事。また、アルコールや殺菌剤なども肌への負担が大きい

塗ったすぐそばからシワが消えるなど、即効性を謳っているものには要注意。「合成ポリマー」などのビニール樹脂のようなもので、一時的に皮膚表面が膜を張って引っ張られるだけで、洗ったらすぐに取れてしまうもの

肌質は洗顔後、何もつけずに5~10分放置した後の状態から判断できます。肌質は、大きく分けて普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌に分けられます

●全体的にみずみずしく、べたつき感がない健康的な肌は「普通肌」
●肌全体がカサつき、つっぱる感覚があるのは「乾燥肌」
●てかてかして脂っぽい肌、べたつく肌は「脂性肌」
●Tゾーンはべたつくのに、目元や口元がカサつく肌は「混合肌」
●肌の赤みやかゆみがあったり、ピリピリ感を感じたりするのは「敏感肌」

コスメ選びも進化してる!

コスメサイト「ロッテスタイル」
日本唯一の正規オンラインショップ。韓国コスメを多く取り扱っている

「ロッテスタイル」では、チャットのカウンセリングサービスを行っており、ユーザーの利便性に合わせて利用できる

チャットでお悩み相談ができるらしい…(※現在はメールでのやりとりに変わったそうです)

知りたいポイントが書かれた「口コミ」に出会うのが難しかった。そんな時に頼りにできるのが、ロッテスタイルのビューティーカウンセラー。疑問点を直球でぶつけられる「プロ」がいると、安心出来る

アプリ「Think Dirty」
※残念ながら日本版はありません…!

安全な商品を選ぶのに役立ててほしい、というコンセプトで展開されているアプリ

化粧品などの商品のバーコードを読み取るだけで、使用されている化学物質を一覧表示にし、それらの危険性について教えてくれる

アメリカとカナダでは、メーカーの宣伝文句に乗せられるのではなく、消費者自身が成分を調べて“賢い選択”をすることができるのと、ダウンロードも無料とあって多くの人の支持を得ているようだ

1





ChieChieさん

最近、全然眠れない…

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう