1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

都内のクルマ事情の救世主!カーシェアリング急増中

都内で車を所有するのは、今や難しい時代に。最近利用者が急増しつつあるカーシェアリングについてまとめました。

更新日: 2014年03月29日

ninjahattoriさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
65 お気に入り 60698 view
お気に入り追加

都内の駐車場代はとにかく高い!

10分/600円の高額駐車場があるのは、高級セレクトショップ「BARNEYS NEWYORK 銀座店」の隣

東京都の駐車場相場は、一世帯あたり30,368円

平成25年1月の時点で、東京都内の一世帯あたりの駐車場代平均額は30,368円。
ただでさえ維持費のかさむ車ですが、これはさすがに高すぎる!
内訳を見てみると23区がダントツで高く、場所によっては家賃ほどの値段がするところもあるというから驚き。

増税が追い打ちをかける・・・

建物や駐車場など施設の利用に付随して土地が使用される場合は消費税の課税の対象になります。

更に、平成26年度4月からの増税に伴い、駐車場代も増税の対象になるという。
5%→8%だけでも負担増だが、平成27年度10月からは10%と
2段階に分けて増税が計画されているため、今後も負担は増え続けそう。。

実際、東京の人ってクルマ持ってるの?

地域別にみると、世帯当たり普及率が高いのは1佐賀県、2鳥取県、3島根県、4山形県、5長野県。
普及率の低いのは1東京都、2神奈川県、3大阪府、4埼玉県、5千葉県

東京都内での車の平均所有率は、一世帯あたり0.481台。

平成24年3月度のデータ。
駐車場所や都内の公共交通機関の発達も関係しているとは言え、
車を所有する際の維持費の負担は大きく影響し、東京都内の車所有率は日本全国でワースト1位です。
都内では、車が動いているときよりも止まっているときのほうがお金がかかるのです。

やっぱりクルマは便利、ドライブは楽しい!

送り迎えや買い物、ドライブ、通勤や
雨の日の移動、小さな子どもや
お年寄りがいる家庭、
他にも車中泊や引っ越しなどにも
利用できるなど、用途は広く、
やっぱりあれば便利なのがクルマです。
何よりも、運転は楽しい!
ドライブは楽しい!!

車があるとほんと便利だ。行動範囲がひろがるひろがるーっ。だれか、今日温泉いこーよー。

救世主!カーシェアリングとは?

必要なときに必要な時間だけ車を利用できる、会員制の自動車共有システム。
マイカーのように維持費がかからないので、手軽なカーライフが満喫できると今世間の注目を集めています。

カーシェアリングは15分という短時間での利用が可能であり、保険料やガソリン代などを負担する必要はありません。

購入しなくても予約するだけでクルマが乗れるし駐車場代が不要、また自動車保険料や自動車税などの各種税金、車検代、さらにはガソリン代さえ支払う必要がありません。

クルマを必要な時だけ使う(所有をやめる)ことで、CO2排出量を削減することができます。 カーシェアリングは、環境面に対してもやさしい仕組みなのです。

こんなにたくさん!自分に合ったカーシェアリングを探そう

1 2





ninjahattoriさん



  • 話題の動画をまとめよう