1. まとめトップ

消費税アップで子どもが1人あたり1万円支給『子育て世帯臨時特例給付金』(自己申請なので忘れちゃ駄目)

消費税がいよいよ5%から8%に値上がりする中、子ども1人あたり1万円支給される制度が4月以降実施される事を知っているだろうか。『子育て世帯臨時特例給付金』と呼ばれる政策だが、ご自身で積極的に役所に申請手続きをしないと給付されない仕組みだったりする。対象者は絶対に貰い損ねないようにまとめました!

更新日: 2014年07月02日

purumさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
232 お気に入り 74418 view
お気に入り追加

『子育て世帯臨時特例給付金』と呼ばれる政策

児童手当を受け取っている子育て世帯には良いお知らせ。
4月以降お住まいの役所で申請をすると子ども1人あたり1万円支給

ええっ!? マジで!? 知らなかった

増税されても、子どもへの出費はおさえられない、おさえたくない。。。
申請しないと支給されない方法に、軽く怒りすら覚えますが・・・だからこそ絶対に忘れてはいけない!!

子育て世帯臨時特例給付金! 子ども1人当たり1万円貰えるらしい。 なんで、もっと宣伝しないんだろ?

■子育て世帯臨時特例給付金とは?

→子ども1人につき1万円あげるというもの

「消費税が5%⇒8%になって家庭のこともあるので子ども1人につき1万円あげるよ」というもの

→毎月はもらえない。1回きり。

1回きりだとしても、1万円あれば色々な事ができる!

15歳迄の児童1人につき1万円、1回のみの支給される子育て世帯臨時特例給付金。自治体にて6月位から受付。児童手当を受け取ってるのが前提みたいなんだけど、それなら(手当で申請済の)その口座に振り込んでくれたらいいのに。別で申請にしないと(行かないと?)と貰えない。。

→支給される対象者は?

支給対象者
・2014年1月時点で児童手当支給対象の子ども

親の年収が下記を超えていると駄目
・扶養人数1人⇒年間875万6000円以内
・扶養人数2人⇒年間917万8000円以内

けっこう裕福な家庭以外は普通に支給される模様

→どうやって申請するの?

・対象者は平成26年1月1日時点のお住まいの役所に問い合わせ。

ていうか、
対象者にはもれなく支給すればいいのに!
申請し忘れるのを狙っているのか!?

厚生労働省からの案内です

申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査の上、支給対象者に対して支給を行います。

→申請期限は3ヶ月!?(申請なしで支給できないのか)

“@Surf_Fish: 申請はまだ始まっていませんが、申請期限が3ヶ月なので注意です → 子育て世帯臨時特例給付金についてまとめてみたよ【申請時期・申請期限・例外など】 ow.ly/vahXO

例として新宿区の役所案内ページを紹介

↓検索結果ページ(検索窓の文字をお住まいの住所に変えて検索してみよう)

→不明点は厚生労働省に直接聞くこともできる

「子育て世帯臨時特例給付金」について

厚生労働省:0570-037-192
時間:AM9:00~PM6:00(土、日、祝日は除く)

子育て世帯臨時特例給付金、ウチの市は対象者に6月に申請書が届くんだって。広報でも案内があるんだって。国の出方を様子見なんだってさ。とりあえずバックレるつもりはないみたい。 f( ̄ー ̄)

消費税が8%にあがった。これで終わりではない。2015年10月には10%にあがるかも。今回、15歳までの子どもがいる家庭は、最寄りの役所に申請すれば、子ども1人あたり1万円支給される。『子育て世帯臨時特例給付金』である。これは、... fb.me/18QGPDm5r

【臨時福祉給付金】消費税が8%に上げられ、所得の低い人を救済するために1万円が給付されるという。平成26年1月1日時点で住民登録しており、平成26年度分の市民税が課税されていない人が対象。他に【子育て世帯臨時特例給付金】というのもある。申請しないともらえない。上から目線だな

1 2





purumさん



  • 話題の動画をまとめよう