1. まとめトップ
  2. カラダ

なぜ? 揚げ物を食べると【下痢】になってしまう理由

揚げ物が好き! でも、食べると下痢になってしまう……その理由は?

更新日: 2014年03月30日

otytさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 60493 view
お気に入り追加

揚げ物を食べると、お腹を下してしまう……

揚げ物を食べた数時間後に気持ち悪くなり吐き気が始まり、次に腹痛がありとても酷い下痢をしてしまいます。

スーパーで買った揚げ物などの惣菜を食べると数時間後に必ず胃がキリキリいたみだして嘔吐・下痢・悪寒などの症状が 見られます。

下痢の原因は……【古い油】!

酸化したした油や消化の悪い油は、胃腸に負担をかけ下痢の原因になる可能性が高くなります。

劣化した油の害はトランス脂肪酸と比べてわかりやすいです。食べてから短時間で吐き気、食欲不振、腹痛、下痢、胃もたれなどの症状が出てきます。

油臭くなったり、胸やけがするなどあまりに古いものは下痢や腹痛など科学性食中毒を引き起こしますので限度があります。

もし下痢になってしまったら

まずは水分を補給しましょう。下痢が続くと、脱水状態に陥りやすくなります。それを防ぐため、排泄するたびにコップ1杯以上の飲み物を飲むようにしましょう。

カフェイン、アルコール、炭酸飲料、ナッツ類、全粒粉食品、ふすま製品、生の果物・野菜、揚げ物を含む高脂肪食品などは、消化器系に刺激を与える可能性があるので、摂取は控えてください。

下痢の症状があるからといって、下痢止め薬を摂取するのは、症状の悪化を招き、体内のバクテリアや毒を外に出すのを遅くしてしまうため、避けることが推奨されています。

症状が重いようなら病院へ!

1





otytさん



  • 話題の動画をまとめよう