1. まとめトップ

諸星和己豪快伝説

豪快な噂の数々を持つ元・光GENJI 諸星和己が、スーパーアイドル時代の無茶苦茶すぎる武勇伝や破天荒伝説です。

更新日: 2016年03月23日

88310さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 163399 view
お気に入り追加

カーくんゾーン

おニャン子クラブでは会員番号が20~30番辺りにターゲットをしぼって口説いており、諸星は彼女達を「カーくんゾーン」と表現し、口説きまくっていたそうです。

加賀まり子のお尻をさわる

歌番組「夜のヒットスタジオ」に出演した時、司会を務めていた加賀さんに「テレビ映り良いのねぇ」と皮肉たっぷりに紹介されたので、「今日は加賀さんの下から当たっているライトが俺にも当たってるから、テレビ映り良いんですよ」と皮肉たっぷりに言い返した。
さらにCM中、加賀さんのお尻をさわり、ひっぱたかれる。

ビートたけしと志村けんにおごっていた

諸星和己によると最初に銀座の高級クラブに飲みに行ったのは、ビートたけしに連れて行ってもらった時だという。すると、そのクラブに志村けんも来ており、志村も合流して飲みだしたのだが、たけしと志村は高級な酒を次々と頼むのである。
「ドンペリとか高級なシャンパンをドカンドカン開けちゃって」と諸星はその時のことを語った。すると今度は会計する際に、たけしと志村がもめだした。たけしは「年上だからおいらが払う」と言えば志村は「芸能界の先輩だから俺が払う」と言う。お互いに全く譲らずにキリがないので、諸星が「ちょっと待ってください。じゃあここはボクが払います」と割って入ると「そうか…」と2人ともあっさりと諸星に払わせたのである。諸星はその時のやりとりはまるでダチョウ倶楽部のネタ「どうぞどうぞ」のようなタイミングだったと冗談を言ったが、「120万円以上払った」という飲み代は一般人にとっては冗談じゃない額だったのだ。

松田聖子と中森明菜を同時に口説いた

「聖子ちゃんと話してみたいな」と思った諸星は、松田聖子に電話番号を直接尋ねたがさすがに教えてくれなかった。その時すぐ近くに中森明菜もいたが、彼は「そこに明菜もいたのでとりあえず電話番号を聞いた」そうです。これをきっかけに諸星は中森明菜と親しくなったそうだ。
ところがその関係が少し特殊で「気に入った子がいたら明菜に『ちょっとあの子呼んできて』と頼んでた」と諸星は言うのである。あの中森明菜を『パシリ』に使ったようなものだ。

ローラースケートでバーに飲みに来ていた

同時期にタレントとして活躍した飯島直子の証言では、彼女が飲んでいた店によく諸星が「ローラースケートでやって来た」らしい。

たけしの楽屋を覗くと「諸星が寝転がってテレビを見ていた」

たけし軍団のメンバーがたけしの楽屋を覗くと「諸星が寝転がってテレビを見ていた」というエピソード。『殿』と恐れられたビートたけしの部屋でそのようなことができる者は他にいなかったはずである。

黒柳徹子の頭の中に手を突っ込む

歌番組「ザ・ベストテン」に出演した時、ある先輩の歌手に「黒柳さんの頭の中には預金通帳が入っているらしい」と聞かされ、確かめるためCM中に黒柳さんの頭の中に手を突っみ確認した。通帳は入っていなかったが、アメちゃんが入っていたらしい。

ヨネスケ作戦

連絡先を聞いたものの時のスーパーアイドルが堂々とデートできるはずもない。そこで諸星が考えた秘策は、テレビ局からカメラとライトを借り、マネージャーに持たせ、突撃取材を装い交際アイドルの家へ行くというヨネスケ作戦。この秘策で諸星は、マスコミにバレることなく女性たちと密会を重ねていた。

影武者作戦

合宿所からマスコミをまくため、バイクに乗れる後輩を4人用意し同じ格好をさせて途中で乗り替わり、誰がどこで降りたがわからなくさせる影武者作戦を使っていたそうです。そしてなんと影武者に使っていた後輩の1人は元・SMAPで現在オートレーサーの森くんだそうです。

ファンからのプレゼント

ファンからもらったプレゼントで最も高価なのは『3億円の島』だそうです。唖然とする周囲に彼は「長崎のはずれのところにある島で所有権をもらったところ3億円だった」と冷静に説明したのだ。しかも「固定資産税が高いから返した」そうです。

1 2





88310さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう