1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

「考えてるつもり」をなくせ!【思考言語化】習慣を身につける方法!

何かを考えようとして、何も考えていない!いや、考える事ができてない人が増えています!それは【思考言語化】が出来ていないから。頭の中のモヤッとしたものを【言葉】にしないと何も結論が出てきません!そこで【思考言語化】をオススメします。考える力を身につける前に【思考言語化】を身につけましょう!

更新日: 2014年04月01日

E_numaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3193 お気に入り 325778 view
お気に入り追加

【思考言語化】って?

あなたの考えを整理するためには「言語化」がとても大切なポイントです。

「イメージはできているけれど、言葉にするのは難しい」なんて事ありませんか?
この状態ではまだ思考は整理できていません。

思考の深度を左右するのは言語化の力だと思っている。

カオスな思考を言語化することにより思考が形成させられる。

本来ならば言語化するために思考をする、と流れと認識されているでしょう。
ただ現時点での僕の仮説はそれを否定します。

記憶や理解を自分のものにするには「自分で言葉にすること」が必要。同様に深い思考をもたらすのは「言語の力」が必要である。

軍隊では、重要な命令を下した後は必ず「復唱」を命じるようです。

何で【思考言語化】が大事なの?

頭の中はこんな感じ?
もっとくっきりとさせましょう!!

言語化できていないことは、身についていないのも同じ。同様に、言語化できていないことは、壁として認識されず、超えることができない。課題を言語化しなければ、成長はできない。

言語化とは抽象化の力のこと。思考の深度とは、抽象化能力のことだ。できる人はこれに長けている。伸び悩む人は、この力が弱い。

「頭の中を整理し言語化すると、問題のほとんどは解決する」ということ。

言語化ができている人と話すのが面白いし、どんな環境でも自分らしく働き、楽しく生活を営んでいる、という印象を持っている。

考えることができない人が増えている!

自分の頭のなかで言葉として考えを組み立てることをサボって「いいね!」で済ます。

こういう記事を見つけて何のコメントもなしにリンクだけはってツイートしてるのも同じ。言葉がない。自分が何を感じたかをあらためて言葉にして見つめ直すという視点がない。

インターネット時代になって、考える力が弱まったという認識が広まっています。

理解力や思考力を磨くためにはただ話を聞いたり本を読んだり映像を見たりしているだけではダメ。

「考えること」と「情報収集」がごっちゃになっていた!!

「情報収集」は思考ではないです。収集した情報を基に始めて思考が始まります!

【思考言語化】習慣を身につけるトレーニング!

Photo by Digital Vision. / Photodisc

それはなぜなのか?100字以内で述べる。伝えたいことを素早く形にする思考回路は強化され、ボキャブラリー・表現力も身につく。

例えば
花を見て美しいと感じたとき。
レストランの料理を美味しいと思ったとき。
映画や音楽を聴いて感動したとき。
芸能人をTVで見て釘付けになったとき。
秋葉原で眼鏡っ子のメイドさんを見て萌え~たとき。

文章を音読することは言語化を鍛えるのに適した方法です。

黙読の場合には、ただ目で文字を追って意味を理解するだけでなく、
頭の中で声にしながら読むようにしましょう。

人に教える事を前提としたマニュアルと言う形で文章化してみる。

例えば、「ドライバーでネジを回す」と言う作業。頭の中では、ドライバーでネジを回すだけのイメージでしかない。それを、ドライバーもネジも知らない人に言葉だけで教える事を想定してマニュアルを書いてみる。

言語化能力を磨くには言語化を徹底的に行うしかないと思う。問題を解くだけでも、読書をしてもダメである。書かないとダメ。

書けば確実に【思考言語化】ができる!

とにかく書くこと。どんなにかっこ悪くても汚い日本語でも書くこと、自分の考え方を客観的に捉え、更に複雑な考え方ができるのだ。

若いときを思い出すと確かに頭の回転は速いのだが、だからといって重層的な知識にならない。従って、同じことをいつも考えるといった無駄をしてしまう。ただ瞬発力としての思考のみになる。

常に思考をしっかりとした言語にして考える力をモノにしよう!

1





E_numaさん

仕事や人生をよりよくする方法を書いていきたいと思います。
七転び二起きでがんばります!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう