1. まとめトップ
  2. カラダ
971 お気に入り 558462 view
お気に入り追加

“飲み合わせ”が薬の効果を左右する

薬は病気を治すために必要なものですが、飲み方を間違うと危険なこともあるのです。
「薬の飲み合わせ」は、薬どうしはもちろん、食べ物や飲み物との組み合わせにも注意を払う必要があります。

水以外の飲み物で薬を飲んでしまうと、薬の作用効果が低下したり、まったく効果が無くなってしまうこともあります。また、逆に作用が強くなることで思わぬ症状が出るという危険もあるのです。

1つずつでは問題ない薬でも、薬と薬の飲み合わせ、または薬と食品(飲み物/嗜好品含む)の食べ合わせによっては、よくない影響が出る組み合わせがあります。この影響を相互作用といい、注意して防がなくてはなりません。

薬と危険な組み合わせ

▼コーヒー・紅茶(カフェインが多いもの)

カフェインは頭痛を抑えるお薬と相性が悪いです。
心臓の心拍数が上がってしまったり気持ちがイライラしてしてしまう事があり、
場合によっては全身に湿疹が起こる事がある。

コーヒーや紅茶、緑茶に多く含まれるカフェインは、尿酸の排泄を妨害する働きがあるので、痛風治療薬の働きを妨害する可能性がある

▼カルシウムなど薬と反応しやすい「牛乳」

牛乳にはカルシウムが多く含まれているが、抗生物質や抗菌薬、骨粗しょう症薬などは、このカルシウムと結合しやすい性質を持っている。
カルシウムと薬が結合すると、体内で吸収されにくいキレートという構造に変化し、薬の効き目が弱くなってしまう。

牛乳には胃酸を中和させる働きがあり、中和された胃の中に腸溶剤が入ってくると胃酸から守る層が破壊され、薬の効果が十分に発揮されなくなってしまいます。

▼本来の働きが弱まる「炭酸飲料」

アスピリン入りの風邪薬は、炭酸ガスの効果で胃が酸性に傾くので効果が減弱します。
胃が弱った風邪気味のときは炭酸はNGです。

また風邪薬だけではなく胃薬も同じ。その理由は、制酸剤の胃薬は胃酸を中和するための薬なのですが、薬が炭酸ガスの酸性を中和するのに働き、本来の働きが弱まるそうです。

▼命にかかわる場合もある「お酒」

お酒と薬を一緒に飲むのは非常に危険。
アルコールを分解する酵素が肝臓にはありますが、この酵素は薬の成分を有害な物質に変化させてしまう場合もあります。

命にかかわる重篤な事態を引き起こすこともありますので、絶対に薬とお酒を一緒に飲んではいけません。

アルコールを飲んでいるときに薬を飲むと、薬に対する肝臓の解毒作用が遅れ、いつもより効き目が強くなる傾向があります。
とくに睡眠薬、精神安定薬、鎮痛薬などでは効き目が増強され、意識障害を起こしたり、昏睡状態におちいることもあります。

▼酵素の力を弱める「グレープフルーツ」

グレープフルーツはカルシウム拮抗薬の血中濃度を高めます。
これはグレープフルーツの成分が消化管にある薬物代謝酵素(CYP3A4)の働きを阻害するからです。

グレープフルーツは酵素の力を弱めてCa拮抗薬の分解を遅くするため、薬が効きすぎて血圧が異常に下がってしまう危険性があります。

▼チラミンが含まれるチーズ

チーズに含まれるチラミンが激しい症状を起こすのです
普通、チラミンは肝臓で分解されて体の外へ出てしまうが、特定の薬を飲んでいると肝臓での分解が遅れるのだ。

チラミンが別の物質に解毒されるのを抑えてしまうお薬があります。
まれにですが、血圧が上昇し、頭痛や動悸(心臓がドキドキする)、汗が出る、首や肩が凝る、吐き気がするなどの症状があらわれることがあります。

1 2





metalStoneさん



  • 話題の動画をまとめよう