1. まとめトップ
  2. カラダ

大事なのは”体圧の分散”?疲れの取れる寝方で気持ちよい朝を♪

寝ても疲れがとれない…それは寝る前のちょっとした心がけで改善されるかもしれません。

更新日: 2014年07月23日

ktannozaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
375 お気に入り 206419 view
お気に入り追加

気持ちよく寝るためには?

なぜ10分が良いの?

それは、人が布団に入ってから寝つくまでの時間が、大体10分間だと言われているから。

10分間で気持ちよく寝つくことができた場合、ぐっすりと深い睡眠をとることができる。

疲労を回復する物質である成長ホルモンは、深い睡眠の最中に分泌されます。つまり、熟睡度の高い、深い睡眠をしっかりとることができれば、3時間程度の睡眠でも、疲れをとることができるそうです。

気持ちよく寝つくためには?

就寝1時間前に38℃くらいのお風呂が良いみたい!

就寝1時間前に38℃くらいのぬるめの湯船に入るのが快眠の秘訣。体温が37℃、目安は額に汗をかくまでお湯につかると細胞が活性化し疲労回復にも効果的。

お風呂のお湯が熱すぎると、交感神経が活発になり過ぎて、逆に目が覚めてしまって、眠れなくなることがある

開脚して座り左右に身体を傾けたり、仰向けに寝て片足の膝を抱え胸につけるようにして太ももの裏を伸ばしたり。

いきまずにゆったりとした気持ちで行うことで、副交感神経を刺激しリラックスすることができますよ。

仰向けに寝て、両手・両足をまっすぐ天井に伸ばして
1分間ぶるぶる振るわせる体操

足がひきしまって細くなる効果もあるので女性の方でしたら、うってつけです。

寝る姿勢も大事!

寝る姿勢で、その人の精神分析ができるようです↓

仰向けで眠る人は4タイプの中で最も精神が安定しています。仰向けに寝ることは動物で言えばお腹を見せる→安心していると取れます。

体が横を向いて、足を軽く曲げて眠る人です。4つのタイプの中で一番寝返りをしやすく、柔軟性のある人に多い寝姿で、様々な出来事に対してきちんと対処出来る人と言えます。

膝を深く曲げ、抱え込むような形で眠る人です。この胎児のような形で眠る人は自分の中で深く考えることが多く、また何かに依存することが多いのもこの寝方をする人です。

うつ伏せで眠る人は心配事がある、弱みを見せたくない人です。性格的には几帳面で自分の生活スタイルを死守したい人に多いよう。

まずは”仰向け”で寝返りがあるか、寝やすいか試してみる

実は寝返りって、血流が悪くなってきた時に身体が自動的に向きを変えて改善するために行っています。

なぜ、あお向け寝がいいのかというと、「呼吸が深くなり、リラックスして眠りやすい、ということです。

あお向け寝の場合は体重の負荷を背中からお尻にかけての「全体」で分散できるので、圧迫も少ない

仰向けが寝づらく、寝返りを打つようならば、横向きで寝てみると良いかもしれません。

でも、なんとなく仰向けじゃ寝れないって人もいますよね?

出典http://睡眠不足.jp/archives/271

体調や寝具の具合によっても楽な姿勢は変わるので、いつもベストな姿勢とは言えません。

体圧で言うとベストは仰向けなんですが、最適なポーズは横向き気味です(笑)

出典http://睡眠不足.jp/archives/271

寝る姿勢は体圧、血流に関係する

出典http://睡眠不足.jp/archives/271

忙しいからこそ良質な睡眠を!

睡眠をきちんととらないことは長い目で見てあなたの仕事効率に大きく影響を及ぼします。

忙しいからこそ良質な睡眠が取れるように寝る前のストレスを軽減することが、次のストレスを防ぐコツでもあります。

寝だめはNG

1 2





頭の整理してます。宜しくお願いします。

サイト
http://www.ktanno.com

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう