1. まとめトップ
  2. 雑学

お気に入りのスニーカーと長く付き合う為に知っておきたい”加水分解”とは?

家宝にしようと大事に保管していた”AirMAX95”が、盛大に加水分解していた時のショックはいまだに忘れられない。

更新日: 2015年04月06日

toolloveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
462 お気に入り 619951 view
お気に入り追加

”ある日突然スニーカーが壊れる”という怪奇現象。嘘のような話ですが、私も何度か経験しており、悲しいかな実在する現象なのです。ですので、今回は加水分解の知識や、その対処法をまとめてみました!

加水分解被害者はあとを絶たない・・・

今日は履いていたスニーカーのソールがいきなり加水分解したんで、いま非常に歩きづらい。

おろしたてのスニーカーの踵がどんどん朽ちていく。まだまだストックあるのに、これが加水分解ってやつか…

スニーカーの加水分解は世の中で見たくない物ベスト10に入ります。

まず”加水分解”とはなんなのかを知っておこう!

加水分解とは、反応物と水が反応し生成物に分解する反応で、この加水分解に弱い代表格として、ウレタンゴムがあります。その特性である強磨耗性により靴底のパーツに使用されることが多いですが、水分に弱く、加水分解を起こし靴底が割れてしまうことが度々、発生します。

ウレタンの生成(靴底の生産)から少しずつ加水分解と言う劣化が始まり、靴底の内部強度が落ちていきます。靴底がぼろぼろになるというのは、内部強度が落ちた靴底で歩行した時に力が加わり生じた最終的現象です。

樹脂と呼ばれる高分子の素材の種類によっては、元素が長くつらなった高分子の鎖の部分を、水がゆっくりとはまり込んで鎖(つながり)を切ってしまい、短い分子になってしまいます。これが続くとどんどん小さい分子にまで分解されてしまい、樹脂として形を保てなくなります。これが水による劣化原因の一つ・加水分解です。

一度も履いていないんだけど・・・

ポリウレタンという素材の怖い点は、着用し始めた時ではなくて、製造された時点からすでに経年劣化がスタートしているということ。

加水分解が発生する期間ってどれくらいからなの?

保管状態が良くないと、3年も経てば加水分解が発生します。通常、約5年を目処に加水分解によって劣化が始まっていると覚悟をした方がいいでしょう。

世界規模で考えても、とりわけ加水分解の被害が多い日本。その理由は日本の風土”高温多湿”に大きな要因があるらしい。

ポリウレタンの加水分解を防ぐためには、湿気の少ない場所に保管する必要があり、高温多湿な日本の夏を無事に過ごすのは極めて難しい。アメリカは乾燥した気候のために、PUソールのデッドストックシューズでも無事なものが多いが、これも日本に持ってきた時点で寿命が大幅に縮まってしまう。

悲しい事に”加水分解”から完璧にスニーカー(靴)を守る方法はない

スニーカーの加水分解を防ぐ方法はありません。ポリウレタンにオイルを塗って、延命させるというのがありますが、一度履いてしまったらインソール側から水分が吸収されますので内部から加水分解が始まります。

でも”経年劣化”を遅らせる方法はいろいろとある!

長く寝かせる場合などは新品のまま保管せず、一度、短時間履き、ソールに圧をかけることで、新品のまま保管するよりも「加水分解」を遅らせることが出来る。

使用後には汚れを落とし湿気も取り除いてから保管してください。尚、室内では湿気の少ない風通しの良い場所に保管されることをお勧めいたします。

靴の保管には開放型の棚か布袋が適します。戸付きの下駄箱でしたら、棚板を金アミやスノコ状のものに変えたり、時々戸を空けて換気しましょう。 普通の靴箱は通気性が無いので、使う場合は箱に換気の穴を開けましょう。

お気に入りのスニーカーとお別れしたくない人は”リペアサービス”を利用してみては!?

ニューバランスのスニーカー修理、お客様相談センターに電話確認したところソール取替え7千円だそうな。革靴のソール取替えでだいたい1万なのでそれと比較するとちょっと高く思える。

先日久しぶりに履いたNikeのAquasockが見事にソールと本体が分離。パーツ的にもったいなかったのでスニーカー修理に出したのだがそれが戻ってきた。職人ってすごい!

加水分解によりソールが真っ二つになったジョーダン2修理から帰ってきた! 13000送料込み 完璧ではないですが、満足いく仕上がりです。またお金ためてニューバランスM1300なおそ! pic.twitter.com/QSZbN0W8

1 2





ブログ『愛すべき道具達』を運営しているtoolloveです。記事作成後、すぐにツイートしますので、フォローして頂ければ嬉しいです。https://twitter.com/thelovedtools

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう