1. まとめトップ
  2. 雑学

綿あめの驚きの進化&すごい活用方法についてまとめてみた

子供に大人気の綿あめ(わたがし)。世界中で人気があって食べられているようですが、販売方法が進化していたり、意外なところで使われているようなのでまとめてみました。

更新日: 2014年04月09日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
521 お気に入り 239687 view
お気に入り追加

綿菓子(わたがし)とは、溶融した砂糖をごく細い糸状にしたものを集め、綿状にした菓子である。綿菓子は西日本の呼び方で、東日本では綿飴(わたあめ)と呼ばれることが多い。

世界中で愛されている綿あめですが、いろいろ販売方法を工夫していたり、進化していたので、まとめてみました。

可愛い形の綿あめ

このカラフルでかわいらしい形の綿あめは、職人の手作りでつくられています。

このパステルカラーの可愛いお花型の綿あめは中国では「花式綿花糖」と呼ばれている。2007年に山東省烟台市で誕生。その華やかな姿で中国人だけでなく外国からの観光客をも魅了しているそうだ。

中国、重慶市で綿菓子の露店販売をするおじさんが、赤、青、黄色のカラフルな砂糖を使って作り上げる綿菓子は、もはや綿菓子アートとも言えそうだ。

普通の綿菓子製造機でつくられています。

作成の様子がわかる動画。使用するザラメの色がかなり気になりますが・・・

光る綿あめ

光って見えるだけではなく、作成中のパフォーマンスもおもしろいです。

青白く光っているのである。とは言っても、わたあめ自体が光っているのではなく、わたあめ機内部にライトが仕込まれており、まるで製作中のわたあめが青白く光っているように見えるのだ。

グロースティック(ケミカルライト)に綿あめを巻きつけると、右の用に光る綿あめができます。
香港ディズニーランドで販売されているようです。

「絶対買う(`Δ´)!」と言われ、買ったわたあめ。
光る棒に巻きつけられてて、七色に光ります( ̄□ ̄;)!!
着色料いっぱいの代物なんだけど、すご~く可愛かった。

巨大すぎる綿あめ

オランダのアムステルダムにある野外遊園地名物?の巨大な綿あめ。

ここで遊びながら食べて欲しいのが「巨大わたあめ」です。
思いきって一番大きいわたあめを注文したら大変な事になってしまいました。
その大きさは想像を越えていたため、近くに居た人みんなに協力してもらいやっとの思いで完食。

ドライフルーツのデコレーション

「オーボンヴュータン」というフランス菓子のお店で販売しています。
子供だけでなく大人もテンションがあがりそう!

綿あめなのぉ表面にはレモンやキューウィーなどフルーツの輪切りがピッタリとついて、とってもキュート。

料理に使われる綿あめ

すき焼きに綿あめを使うお店は意外とありました。
割りしたの甘さにあうのかもしれません。

上品な甘味を出すために、砂糖の代わりに綿飴を使用してるんですって~

ラーメンに綿あめ?というインパクトは凄いかも。

お店の方も話してくれましたが、パフォーマンス、ビジュアル的なインパクトが狙いだそうですね

パフェ

パフェの上に大きい綿あめがのっていて、まるで雲のよう。
http://www.kizokunomori.jp/

貴族の森には有名なパフェがあります。その名も入道雲パフェ☆
大きなフルーツパフェ(この時点でクリームやフルーツ盛りだくさん)の上に大きな綿菓子が乗っています。これが入道雲。両手で抱えるような大きさです。

カクテル

【Cotton Candy】 綿あめを使った不思議なカクテル グラスに好きな色の綿あめを入れ、ウォッカで満たす 綿あめがウォッカで溶かされたら出来上がり 食紅と砂糖で綿あめを自作すれば好きな色に作れるのが楽しい pic.twitter.com/T1efBQkcF7

ペリエを使ったノンアルコールカクテルもあるようです。見た目にも楽しめるカクテル!

1





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう