1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知らなきゃ損?!消費税のかかるもの・かからないもの

2014年4月に消費税が8%に増税されました。そもそも消費税とは、どのようなものに課税され、どのようなものが非課税なのでしょうか?実は消費税がかかってそうで、かからないものもあります。

更新日: 2014年04月11日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 56885 view
お気に入り追加

●消費税とは?

消費税はその名のとおりモノやサービスを『消費』したときにかかる税金で、代表的な間接税です。

間接税とは税金を「支払う人」と「納める人」が異なる税金のことを言いいます。

・消費税は何にかかって何にかからないの?

消費税は買い物するたびにかかるので、家計への影響も大きいもの。で、気になるのが、消費税ってそもそも何にかかって何にかからないか、ということです。

消費税がかからない取引には「不課税取引」「非課税取引」「免税取引」の3種類があり、この3種類以外の取引を「課税取引」と呼んでいます。

●消費税が課税対象となる取引

①国内において
 ②事業者が事業として
 ③対価を得て行われる
 ④資産の譲渡、貸し付け又は役務の提供
 の4つすべてにあてはまる取引です。

したがって、国外で行われた取引や、国内における取引であっても事業者以外の者が行った取引は課税の対象になりません(不課税取引)。

また、課税の対象となるものでも一定の取引については、非課税取引又は免税取引とされ、消費税が課されなかったり、免除されるものもあります。

●消費税がかからないもの

1.個人間取引(ネットオークション、フリーマーケットなど)

個人間取引とは、事業者ではない個人がインターネットオークションやフリーマーケットなどで家財を取引する方法のこと。

事業者ではない個人間で物を売るときは、消費税がかからない不課税取引となる。

2.土地

・土地の貸付で消費税がかかるもの

野球場、プール又はテニスコートなどの施設の利用に伴って土地が使用される場合も消費税の課税の対象となります。

3.個人間の不動産売買

個人間で不動産を売買する場合には、消費税は関係ありません。ただし、不動産会社による仲介があった場合には、仲介手数料には消費税が発生します。

4.家賃

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう