1. まとめトップ
  2. カラダ

かつて日本で流行った『紅茶キノコ』がアメリカでブレイクしてた

紅茶キノコって何だろうと思って、まとめてみました。40年ほど前に日本で流行っていましたが、今、アメリカで人気の健康食品飲料になっていたんですね。

更新日: 2014年04月30日

光ぴかりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
164 お気に入り 356972 view
お気に入り追加

・・・紅茶キノコ?

紅茶とキノコ?組み合わせにすっごい違和感ありますが…

お風呂上がりの紅茶キノコさん。いつもながらすごい発酵です。 Kombucha after a bath .It ferments delicious. pic.twitter.com/t1GAuQs33d

想像したより美味しそう。。

紅茶キノコは、いわゆるキノコではない。紅茶に砂糖と、酢酸菌や酵母類などの微生物でできたゲル状の物質を入れ、培養した液体

ゲル状の物質がキノコのように見えるのでその名が付いたみたい。

その昔、日本で超流行ってた

体にいいからと無理矢理飲まされた人もいるんじゃないかな。。

日本では昭和40年代末から50年代初頭にかけて、健康食品としてブームに

知人などから入手した紅茶キノコを、各家庭が数日から数週間かけて「育て」て、できあがった液体を飲むのが当時のスタイルだった

ブームの火付け役とされる紹介本『紅茶キノコ健康法』。当時、25万部を超すベストセラーに。

ハタから見れば腐っているようにしか見えない得体の知れない飲み物。口にすれば想像通りの酸っぱい風味

「子どもにとっても、おいしい飲み物ではなく内心“これ絶対腐ってる…。白いカビみたいなの浮いてるし、飲んでも大丈夫なの?”と安全性を疑ってました…」

「好きとはお世辞にも言えない風味だったけど、母が皆の健康を気遣って作ってくれたものだからという思いで、みんな健気に文句も言わずに飲んでたなぁ」

なんと、今は健康志向のアメリカ人に人気らしい

「昔、祖母がやっていたんだけど、ハワイで紅茶キノコに再会!名前は“KOMBUCHA”になっていたけど、すごい人気でした」

「前に日本でも流行った?と、うちのママが言っていましたが、今アメリカの健康を気にする人たちが飲んでいるというKombucha。発音だけでいくと昆布茶?」

アメリカの「KOMBUCHA」は日本の昆布茶とは程遠い代物で、日本で40年以上前に大流行した、“紅茶キノコ”のこと

数年前に韓国から米国へ紹介されたらしく、韓国語で菌をKOMと発音することから、そういう名称になったという説などがある

Love this stuff! Drink #Kombucha if you wanna recharge, reenergize and reinvigorate your body the healthy way. #facts pic.twitter.com/JF8pFdPztf

流行の発端はセレブ。「デトックスに良い」「免疫力が高まる」「美容に良い」などとして、もてはやされている

マドンナとか、飲んでるみたいです。

逆輸入される形で再び日本でも、特に健康志向の若い女性の間で話題になりはじめている

「株」を入手できれば自作も簡単

まず、紅茶きのこの株を入手。その時、株と一緒に紅茶きのこ液も少しもらおう

入手方法は、知人にもらうか、ネットで購入するなど。

株ってこんな感じらしい。

紅茶1ℓに、白砂糖1/2カップくらい飲んで甘いな~位の紅茶を作ったら、さまして、入手した株にそそぐ。冬場で1週間、夏なら2、3日常温の場所に置いておけば出来上がり

自宅で作る場合、きちんと消毒された容器や道具を使わないと、悪い菌が繁殖して腹痛や悪い病気を起こす原因となるので、気を付けて

いろいろな効能に関しても、研究で証明されたものではないので、おすすめしないという人もいるようです。

株は成長すると、結構グロテスク系・・・

さすがにこの気候なので、紅茶キノコがすぐ完成する! 今朝は昨日から仕込んでいた、フルーツ用マサラ入り紅茶キノコのマチェドニア♪ バナナだけ後からトッピング。 pic.twitter.com/86JhPnArSs

紅茶キノコベースにしたレシピもいろいろ楽しめるみたい♪

1





光ぴかりさん

ジャンルは結構幅ひろいかも。。気になったことを随時まとめてます!



  • 話題の動画をまとめよう