1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

レベル高すぎる"理想の女性像"!中原淳一のモデルになりえたのは誰なのか問題

イラストレーター中原淳一。彼のイラストや言葉から見えてくる完璧な女性像は今も女子の憧れだけれど、あまりにもレベルが高すぎる…!モデルはいないらしいけど、では彼の理想を実現できた人はいるのでしょうか?葦原邦子、浅丘ルリ子、オードリー・ヘプバーン、美輪明宏…中原を取り巻く人々からその答えを探ります。

更新日: 2014年05月05日

965389さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
439 お気に入り 185610 view
お気に入り追加

中原淳一が求めた"美しさ"とは?

戦前戦後、女性誌・少女雑誌を通し女性にライフスタイルを提案し続けたイラストレーター、芸術家。

中原は美しい少女やファッションを描く一方で女性の生き方についても多くの言葉を遺し、独自の美学を一貫して提唱した。

「美しく自分らしく生きる」「美しく暮らす」
ということを提唱し続け、生涯をかけて活動したモラリスト。

掲載内容は、マナーなどの礼儀、洋服や浴衣の型紙、料理のレシピ、スタイルブック、インテリア、等幅広く一貫し「美しい暮らし」を演出した

内容は多岐にわたり、しかも非常に詳細にアドバイスしている。

熱心に少女たち・若い女たちに「自己の美の発揮」を説き、外見だけでなく心の美しさ・正しさを保つことを奨励し、啓蒙し続けた

特徴的なこんな顔した美少女のイラスト、見たことありませんか?

その顔は長い睫毛に大きな瞳。まるで西洋人形のような顔立ち

描かれている女性は皆、腰がほっそりして手足がすらりと長くて、凛として美しい。

淳一の描く少女の絵は一貫して、どこか物憂げな瞳を持った少女であるということ、とても顔立ちの整った少女が、けして満面の笑みを浮かべることなく物憂げにたたずんでいる。

淳一の描く画は、理知を持った少女ゆえの美しさというものを表現している

「僕に”理想の少女”というものを選ばせたら、正しい美しい心の少女であると共に、外にあらわれた服装や身だしなみにもキチンとした 少女らしい心を配っている人であることが大切な条件ではないかと思っています。」

内面の美しさと共に外見的な美しさも兼ね備えることが理想。

「快い話し方、さわやかな笑顔、清潔な装い、趣味の良い色彩感覚、てきぱきとした身のこなし、適度なおしゃれセンス」

女子力高い。

教養・少女らしい道徳観・美しさ。重要なのは「枠から逸脱することのない少女像」なのである。

決して型破りではなく従順。

乙女言葉(?)をさかんに使用し、ある意味非常に人間的な欲望やよこしまな考えを感じつつも自ら押さえつけ、周囲の人間と清く関わっていこうとする少女の姿。

「~ですのよ。」みたいなかんじ。

この"理想"、実現できた女性はいるの?

妻・葦原邦子は?

昭和-平成時代の女優。
男役スターとして戦前の宝塚人気をささえた。
14年退団し、15年中原淳一と結婚。

著書に「夫中原淳一」(1984年 中央公論社 のち 平凡社ライブラリー)

雑誌『宝塚をとめ』の表紙を淳一が手掛けたことが縁で知り合う。

この時期の画風は妻の容貌に似た挿絵も

どうやら奥様は彼の”理想の女性”ではなかったよう。

(参照:淳一の息子、中原洲一著『父 中原淳一』)

中原淳一の描く理想の女性像とはちょっと違い、ズボラで鈍くて楽天家であった

芦原邦子のことは、女性としてではなく、男装の麗人として愛した

――ある朝、廊下の片隅に、当時ぜいたくとされた外国製のコンパクトが転がっているのをみつけた淳一が、
「あんまりもらいすぎて、物を大切にする気持ちと感謝の気持ちを忘れたんだね。
僕はこれから一切何も買ってあげないよ。それが直るまで」
夫からそんな宣言を受けた妻が話して他にいるだろうか。

あまりに女性に対して理想が高く 完璧を求めすぎて妻に対しても 「女性の美」を押し付けすぎていらっしゃたのでしょうか。

彼がプロデュースした女優・浅丘ルリ子は?

女優。読売新聞連載の小説(挿絵・中原淳一)『緑はるかに』映画化に当たり、募集していたヒロインのルリコ役に応募。
約3000人の中から中原淳一の強力な推薦の下選ばれ銀幕デビューした。

オーディションの時に中原淳一さんが自身の描く女の子そのままだと絶賛した

『それいゆ』は毎回当時の新人を含め、人気俳優を紹介するページを設けたが、それらの中にデビューしたばかりの浅丘ルリ子の写真があった。

1 2





毎日の生活が昨日よりちょっとハッピーになる。そんなまとめを目指します。

宗教/異文化/画像/ガールズ/ライフハック/1分名作読んだふりシリーズなどなど。



  • 話題の動画をまとめよう