1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

どうしてもネガティブになってしまう・・・

一回ネガティブ思考になると、関係ないことに対してもネガティブ思考になって、なんかやる気なくすっていう悪循環

知らない間にイラっとする事言っちゃってるかも 言ったことを思い返してめっちゃ後悔する ネガティブ思考が止まらない

だめだ、ネガティブすぎて人にまで迷惑かけてる(´・_・`)どーしたらいいのかわからない。

ネガティブこそが成功への道!

Photo by Hemera Technologies / AbleStock.com

「ネガティブ思考」「マイナス思考」は、しばしば悪者として扱われます。しかし、仕事面ではネガティフ思考は欠かせないと考えています。

根拠のない空気のような「ポジティブ思考」「プラス思考」だけで突っ走るのは危険極まりないことです。

小さいことにも悩む、これはマイナス思考の典型です。
しかし、そうした逡巡こそ、次への望ましいステップにつながります。細かいことを気に病んであれこれ心配するのは、仕事をする上では必要なことです。

ネガティブ思考の人ほど、予防策や対策を講じることで、事業を成功させることができるのです
「日ごろから、ダメな時のことを考えることは、絶対に必要」

こんな場面でも役立つ、ネガティブ思考

▼リスクについて考えることができる

Photo by Jupiterimages / Photos.com

ネガティブ思考は、将来のリスクを予測する能力において欠かせないものです。
どんなにイマジネーションを働かせても、想定外のことは生じるものです。想定外のトラブルに柔軟に対応できるスキルは、「ネガティブ思考」から生まれると思うのです。

ネガティブさが人間から無ければ、危機を察知したりするいわゆる危機管理・リスクマネジメントというものは存在しません。
そのため人間の物事をネガティブに捉える側面というものは、人間の生命を維持する上で重要な役割を果たしているのです。

▼反省ができ次に活かせる

Photo by Digital Vision. / Digital Vision

人は小さな失敗をひとつひとつクリアすることで成長します。
失敗をしっかりと考え後悔することは、“同じ失敗を繰り返さない”というステップアップに繋がります。

マイナス思考のひとは敏感に感じることができますよね。その原因を考えることで、改善につながります。
失敗から学んで、次につなげることで、より良い自分に成長できるんです。

▼信頼が築ける

Photo by Jupiterimages / Polka Dot

例えば待ち合わせたとき「何があるかわからない」とマイナス思考で考えると「早めに到着できるようにしよう」と行動できますよね。
想像力を使うことで自然に相手の立場を考えられます。

特にビジネスにおいては、いろいろな場面を想定した、慎重なコミュニケーションが必要になってくることもあるので、マイナスな方向へ考える力が、強い信頼を築く助けになる。

「約束の時間に遅れるかも」「この資料が必要になるかも」……などのちょっとした心配が、相手にとっては“嬉しい心配り”になることもあります。

ネガティブ思考な性格だからと諦めていけない

Photo by Jupiterimages / liquidlibrary

ネガティブ思考は「悪」という考えがありますが、経営の厳しい時代には、むしろポジティブ思考よりもメリットが大きい考え方です。

小さなことに、用心深く構えて、気をもんだりするのは、必要な姿勢だと思います。
小さなことに意識を向けて、その価値や問題点を再認識してみるよいチャンスです。

マイナス思考は言わば“ブレーキ”のようなもの。物事が進むにつれて、慎重なブレーキさばきが大切になってくることもあります。
ぜひマイナス思考だからといってガッカリすることなく、メリットを最大限に活用して、自分の成長や明るい未来に繋げていってくださいね!

1





metalStoneさん



  • 話題の動画をまとめよう