1. まとめトップ
  2. カラダ

久しぶりに跳んでみない?縄跳びダイエットの効果がスゴい!

縄跳びは、ウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動。そして、飛ぶだけなので、取り入れやすい運動でもありますよね。全身の筋肉を使う縄跳びダイエットは、ジョギングよりも効果的なんだとか・・・。縄跳びダイエットの効果とそのやり方をまとめてみました。

更新日: 2016年04月02日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1850 お気に入り 741859 view
お気に入り追加

久しぶりの縄跳び!

今日久しぶりに縄跳びしたんだけどできなかった

縄跳び久しぶりにしてみて飛べないし疲れるしで、年だな~って思った

久しぶりの縄跳び。二重跳び出来たぜ! 飛ぶ度に自分の重さに凹むけどね。

縄跳びは、ウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動。

縄跳びは、ウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動。そして、飛ぶだけなので、取り入れやすい運動でもありますよね。

縄跳びは手軽な有酸素運動&筋トレができるから、ダイエットにはもってこいの運動

ウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動に属するダイエット法ながら、効果が非常に高い

縄跳びダイエットの効果は、スゴいものがあった・・・!

縄跳びは連続で飛ぶので、太ももから下の筋肉が鍛えられます。
ふくらはぎのたるみを防止したり、張りのある足を作る足やせ効果もあるのが嬉しい所ですね。

継続することで、心肺機能の向上、リズム感や俊敏性の向上、ストレス発散や気分転換などの効果もあります。

カロリー消費も大きいですし、縄跳びはお腹のたるみや二の腕のプヨプヨにも効果的

跳ぶことによって脂肪を燃焼するのに効果的で、さらに跳び方を工夫すれば、筋肉を鍛えることもできるので、脚痩せや太もも痩せを狙った筋トレ効果も期待できます。

その理由は、全身の筋肉を使うから。

よくボクサーが持久力向上や減量のために行っていますよね。それくらい縄跳びは、全身の筋肉を使います。

ジャンプをすることで全身の脂肪を揺らし、これが全身運動となる

跳ぶことによって、全身の筋肉を使い、特にふくらはぎや下半身の引き締めに効果絶大。

縄を回すために使われている腕や固定している肩、全身の体重を支えながら跳んでいる下肢の筋肉が鍛えることができます。

誰でもどこでも出来るのが縄跳びのメリット。

自宅の庭、家の前、また室内でもある程度のスペースさえ確保されれば実践出来ます。

無理は禁物!負担が掛からないように注意しましょう。

1日に20分から30分の時間を使って縄跳び運動をすることが、縄跳びダイエットの基本的な方法

「1分間飛び続ける → 2分経つと休憩」というようなリズムをつくると続け易い

有酸素運動は、20分経過後に脂肪が燃焼し始めるので、続けてみましょう。
ですが、長時間続けることは身体の負担にもなるので、まずは自分で飛べる時間と回数を決め、身体が慣れて来たら、徐々に増やして行きましょう。

毎回素早く飛ぶ必要はありません。ゆっくりと飛ぶのも十分効果的です。早く飛んだり、ゆっくり飛んだり、ご自身の身体の調子に合わせてメニューを組んでください。

足首や膝に負担がかかるのは事実です。したがって、コンクリートの上で行うのが避けた方が◎。またクッション性の高い靴を履いて実践するのもオススメ

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう