1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

間違ってない?出産内祝いで気をつけたい6つのマナー

出産後、子育てに忙しくなりがちですが、出産祝いをいただいた方へのお返しは必要です。出産内祝いは失礼のないようにマナーが大切です。どのようにお返しをすればよいのでしょうか?

更新日: 2015年07月09日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
615 お気に入り 554421 view
お気に入り追加

●出産祝いをもらったらお返しが必要?

初めての出産は慣れないことばかりで大変…。そんな子育てで慌ただしい時に、出産内祝いについて頭を悩ます時期がやってきます。

ベビーの誕生に「おめでとう」を贈ってくださった方々には、心からの感謝を込めて、本当に喜んでいただけるギフトを贈りたいもの。

間違った礼儀・マナーで品物を贈ってしまうと相手を不快にさせるかもしれないので、どういった行為がマナー違反に当たるのかを把握しておきましょう。

・出産内祝いとは?

出産内祝いとは本来、子供が生まれた喜びをこめて、親類縁者、友人や近所の人へ配るものでした。

近年は、内祝いは出産祝いを貰った人に(貰った後に)そのお返しとして贈るのが一般的になっています。 近頃では内祝い=出産祝いのお返しという認識です。

●出産内祝いのマナー

1.贈るタイミングに気をつける

以前は初宮参りの後すぐにお返ししていましたが、最近は生後1~2ヶ月以内にするのが一般的です。

贈りモレがないように、贈り先やスケジュールを一覧にして管理しておくと便利です

生まれてお祝いをすぐに頂いた場合でも、1ヶ月後、お祝いをいただいた方々にまとめて出産内祝いを贈ってもマナー違反にはなりません。

2.出産内祝いの相場は、半額~3分の1程度

出産祝いで高額な品を貰ったのに、お返しの品が凄く安い物だとお互いの品のバランスがまったく取れていないのでマナー違反として考えられています。

ただし、目上の方からいただいた場合や高額な場合は、3分の1程度でも大丈夫。

例えば1万円の出産祝いをもらった場合は、内祝いギフトの金額は3,000円から5,000円程度になります。

3.実用的な品物を贈る

石鹸やタオルのセット、洗剤など、実用的な消耗品であったり、食品関連ならお菓子やコーヒーなど日持ちのするものが一般的です。

会社から何人かでいただいた時はみんなで食べられるお菓子などを。

お世話になっている人の嗜好をさりげなくリサーチしておくと、より深いコミュニケーションに結びつきます。

4.熨斗(のし)は紅白の「蝶結び」にする

出産内祝いののし紙は、表書きに「内祝」または「出産内祝」と書きます。

出産内祝いの場合の水引は、紅白の「蝶結び」です。「蝶結び」は何度も繰り返したいお祝い行事を意味します。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう