1. まとめトップ
  2. カラダ

臭いって思われてるかも・・・春のニオイ対策してますか?

ニオイに注意する季節といえば、夏ですよね。でも、実は、汗腺機能が低下している春こそ、汗のニオイが強くなるそうです。周囲から「臭い!」と思われないためにも、春のニオイ対策をしっかりと行いましょう。

更新日: 2016年02月17日

241 お気に入り 123470 view
お気に入り追加

自分のニオイが気になる。。。

最近よそ様の体臭に敏感になってるなぁ。自分はどうなっているのか気になるわ。たまにバスクリン臭いのは自覚してる。

他人の匂いも気になるけど、自分の匂いには人一倍敏感でめっちゃ汗の臭いとか気になっちゃう(>_<;)今年こそいい制汗剤と出会えますように!

LIVE後の自分が臭すぎて電車で座っても自分の臭いが気になって仕方がない。隣の人に申し訳なくなる。

ニオイが気になると言えば、やっぱり夏のイメージが。。。

汗をかくことが多い夏は、自分のニオイにも敏感。
でも、夏だけで大丈夫・・・?

気温と湿度が高い夏はどんなに薄着をしていても、汗をダラダラとかいてしまうもの。そのため自然とケアにも注意が行き、消臭スプレーなども使う方が目立ちます。

実は、人から「クサっ!」って思われるのは、今のこの時期!

通勤や通学時に人のニオイが気になる・・・と思っている方が多いようです。

人のニオイには敏感でも、自分のニオイにはうっかり気づきずらい

「自分以外の人の体臭が気になったことはあるか」との問いには、86.3%が「はい」と回答。

春に注意すべきニオイ対策とは?

■①頭皮のニオイ。髪はしっかり乾かすこと

寒い冬は、乾かしていた髪ですが、暖かくなると、ちょっと濡れててもダラダラしてしまい、乾かさないでそのまま寝てしまうこともありますよね。
正しいシャンプーで余分な皮脂を洗い流し、しっかりドライヤーで乾かしましょう。
元から臭いを抑制させることが大切です。

気温が日によってぐんと上がる春は、汗も急にかいたり肌環境も不安定。半乾きの髪が頭皮の雑菌増殖を促し、なんだか油臭い頭皮のニオイにもなってしまいます。

シャンプーした後には皮脂が盛んに分泌され、頭皮に雑菌が繁殖しやすい環境になっています。髪を濡らしたままだと、更に雑菌が繁殖し、頭皮のかゆみ、臭い、炎症の原因になる

頭皮に皮脂が残っていることで臭いを発生させる原因となりますし、皮脂がほこりや汚れを吸着させ、より一層臭いの元となってしまいます。

■②ワキ汗のニオイ。着込みすぎにも注意

通勤電車で汗をかくと、帰宅するまで汗のニオイが残ります。着るものに困る季節ですが、暑い場合は脱いだりして、調整しましょう。

寒暖の差があり、コートや羽織ものの調節が難しい春。夜は寒くなるし・・・と暖かい格好でいたりすると、じわっと脇汗もかきます。

石けんを除菌作用のあるものに変えるのも効果があります。シャワーや入浴後のデオドラントもお忘れなく。

■③クローゼットから出した防虫剤のニオイ

「防虫剤くさい」と感じるニオイは、ナフタレンの臭いです。
ナフタレンは石油由来の炭化水素。衣類は繊維で構成されているため、臭いを吸着しやすいそうです。
一度洗ってお日様に干したり、風通しの良い場所に吊るして着ましょう。

道行く人や電車で隣になった人からふんわりと「防虫剤」の匂い。
防虫剤の匂いが好きだという人は少ない

せっかくの素敵な衣類も防虫剤のナフタレンの臭いを放っていては魅力も半減していまいます。

風通しの良いところに服をかけておき、においが発散するのを待つことです。なるべく早くにおいを取りたいのであれば、ドライヤーなどの熱風をあてるのも効果的

1 2





へるどらごんさん



  • 話題の動画をまとめよう