1. まとめトップ
  2. ガールズ

ドライフルーツは効率的に栄養を取れる

ドライフルーツは、フレッシュフルーツの水分を飛ばしてできているため、全体のカサや重量は減るものの、含まれる栄養価はほとんど変わりません。

栄養が凝縮されているため、少しの量でも栄養たっぷり!

栄養成分は、そのまま凝縮された形で残っていますので、少ない量で効率的に、栄養をとることができるというわけです。

ドライフルーツにすると皮ごと、本当に果物丸ごと食べられるのです。
どうしても、皮には栄養がある、と言われても食べられないことも多いですが、ドライフルーツにしたらしっかりと食べられますね。

カラダに優しいドライフルーツの効能!

▼健康な身体に必要不可欠なミネラルが豊富!

ドライフルーツに含まれるのは、カリウム、鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅、リンなどです。
それらのミネラル類を補給するには、ドライフルーツはこの上なく効率的な食品であるといえます。

ドライフルーツはこのミネラルが凝縮されているので、とても効率よく摂ることができます。貧血気味の方や外食が多い方には是非おすすめの成分です。

▼食物繊維が豊富で腸内環境を整える!

気になるドライフルーツの栄養ですが、最大の魅力は「食物繊維」が豊富なこと。
ドライフルーツを継続的にとっていれば、腸内環境がよくなるので、便秘の解消も大いに期待できます!

ドライフルーツの食物繊維には、水に溶ける「水溶性タイプ」と水に溶けない「不溶性タイプ」の2種類があり、それぞれ働きが違うのですが、その両方がバランス良く含有されています。

▼美しさを保つ抗酸化成分も詰まっています!

抗酸化物質が含まれているのはドライフルーツの色素の部分です。
フルーツによって赤、黄、青、紫などさまざまな色がありますが、こうした色素には植物が紫外線や病気から自分の身を守るための物質が含まれており、それを食した人間にも同様の恩恵を与えてくれるのです。

色とりどりのドライフルーツには、フルーツ由来の色素成分には抗酸化作用、つまり活性酸素が細胞を酸化して老化を早めたり、動脈硬化を進めるのを防ぐ働きがあります。

▼冷え症の改善に役立つ

生のフルーツの多くは体を冷やすといわれていますが、水分を飛ばしたドライフルーツは体を温める作用があるといわれています。

ドライフルーツなら冷えにつながる余分な水分が無く、収縮して硬い食べ物になることで噛む回数も増え、より体を温める効果がアップします。

カロリーが多いので食べ過ぎには注意!

同じ100gの量を食べた場合、生のフルーツの何倍ものカロリーになってしまいます。あくまで「少量で食物繊維を補える食べ物」と考えて、大量に食べるのはやめましょうね。

ドライフルーツは水分がないため同じグラム当たりの生フルーツと比べれば当然果糖の量もカロリーも高くなります。
食べやすいからと言って食べ過ぎれば太ります。

いくらでもお腹に入ってしまうドライフルーツの摂取量は80kcal/日と言われています。このカロリー以上食べてしまうと太る場合もあるので注意しましょう。

フルーツ別の栄養価

ドライマンゴーは栄養豊富!
ビタミンA(お肌の健康維持)、ビタミンC(美白や免疫力UP)、βカロチン(お肌の健康維持や抗酸化作用)、鉄分(貧血予防や免疫強化や集中力UPなど)、食物繊維(便秘)が豊富なのです。

1 2





metalStoneさん



  • 話題の動画をまとめよう