1. まとめトップ
  2. カラダ

お肉は太らない? 肉食女子が美肌とダイエットに成功してる理由

肌作りには「お肉」が必要って、「やっぱり太っちゃうんじゃない?」とか、「ニキビができそう…、」など肉食に抵抗のある方も多いかも。でも、タンパク質は、やっぱり大切な栄養素。上手な食べ方を覚えれば、美肌にも基礎代謝にも味方になってくれるのが「お肉」なのです

更新日: 2014年04月22日

hiyooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
816 お気に入り 276750 view
お気に入り追加

お肉は食べたい!けど…悩むよね

ヘルシー志向の方からは敬遠されがちな焼肉ですが、食べ方さえ気をつければ実は美容効果が高いのです

とてつもなくお肉食べたい 太るとか考えないで思いきりね いや、考えるけど 1日くらいお肉めっちゃ食べたい pic.twitter.com/1Ua7fHcN1p

でも実はお肉は太らない!

筋肉モリモリになっちゃったら困る!という心配もご無用。筋肉は負荷をかけないと成長しませんから、お肉を食べただけでマッチョにはなりませんのでご安心を!

お肉を食べないと、タンパク質を始めとした栄養素が不足してしまい、全身の代謝がダウンします。代謝が下がれば消費カロリーの量も減少しますので痩せにくい体質になってしまうわけです。

牛や豚、羊などの赤身の肉には、脂肪を燃やす成分がたくさん含まれているのです!サプリメントでもよく見かけますが、『L-カルチニン』です。この成分は、脂肪の代謝を上げてくれる効果があります。

甘いものを食べ過ぎる人は多いと思いますが、これは肉をとっていないことが原因の場合も多いんです。たんぱく質が不足すると、手っ取り早くエネルギーに変わるものがほしくなり、甘いものに手が伸びる。

肉食女子は美肌!

お肉に含まれる鉄分はヘム鉄といって野菜に含まれる非ヘム鉄の5~8倍吸収率の良い鉄分ですから、鉄分補給のためにもお肉を食べましょう。

ビタミンA、B1、B2、B6、B12なども豊富に含まれており、女性に不足しやすい栄養素である鉄や亜鉛、脂肪燃焼に役立つL-カルニチンも含まれています。

たんぱく質は、体の中の血液・筋肉・骨・肌など体を構成する役割をもっていますので、不足すると筋肉が作られなかったり、貧血になったり、肌や髪のパサつきが目立ってくることも。

肌の保湿が保たれるために必要な成分は、アミノ酸です。お肉のたんぱく質は、アミノ酸に変化しお肌の元を作るのです。詳しくは、角質層の中にある『NMF』という天然保湿因子が水分をガードしてくれるのですが、その主成分がアミノ酸です

▼上手なお肉の食べ方って?

ヒレ、モモ肉はもちろん、レバー、ハツ、タンなどの内臓肉も、全体的に低カロリーです。

脂身はカロリーが高い! というのはダイエッターの常識。実際に脂身や皮は赤身の3倍程度のカロリーがあり、それを取り除くだけでも大きなカロリー差が

脂身の多いお肉や霜降りの牛肉、豚肉は脂っこいので食べすぎには要注意です。一日70g以下に抑えるようにしてください。

1.網で焼いて脂肪を落とす
フライパンで油を使って焼くより、さらに脂肪が少なくなります。

2.ゆでたり煮たりして脂肪を落とす
脂身の多い肉は、一度ゆでこぼしたり、煮汁に脂肪を落としましょう。

3.蒸して脂肪を落とす
脂は落ち、肉のうまみは残るのでおすすめ。

網焼きにすれば牛バラ肉なら100g中92kcal.、24%もの脂肪分をカットできます。

網焼きや蒸し調理など、調理過程で脂が落ちる調理法で作られたものを選びましょう!例えば、脂身の多いイメージの豚角煮ですが、「茹でる・蒸す・煮る」という3工程を経ているため、脂分は40%以下に減っていると言われています。

今日はどうしても揚げ物が食べたい!そんな時には、トンカツやフリッターなど衣の厚いものではなく、竜田揚げやから揚げなど衣の薄いものを選びましょう!

今日はどうしても揚げ物が食べたい!って日もありますよね。そんな時には、トンカツやフリッターなど衣の厚いものではなく、竜田揚げやから揚げなど衣の薄いものを選びましょう!

衣の厚みに比例して吸収される油も変わってくるので、衣を薄く付けることが低カロリーに仕上げるポイント。
素揚げ→唐揚げ→天ぷら・フリッター・フライ→かき揚げの順番に油の量も増える。

トンカツは、一口カツより大きなカツが低カロリーです。衣の量が多い方、つまり表面積が広い方がカロリーが高くなります。ですから、実際は、一口カツより、大きなカツを切り分けて食べるのがオススメ。

緑黄色野菜は、カロチノイドという体内でビタミンAに変わる成分を含みます。ビタミンAは脂溶性なので、脂肪を含む肉と一緒に摂ると吸収されやすくなるため、理にかなった食べ方と言えます。

肉類に不足している栄養素としては、食物繊維。食物繊維は食事の前半に摂ることで血糖値の上昇を緩やかにしてくれる(体脂肪になりにくい)効果があるので、肉料理には食物繊維の多い、海藻類や野菜類を添えるのがマストです。

脂質の吸収や血糖値の急上昇を抑える効果を得るためには、海藻を食前や食中にとるのがおすすめ。加熱しても成分は失われないので、料理に加えてこまめにとりましょう

▼美肌になるお肉の選び方はコレ

1 2





hiyooさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう