1. まとめトップ
  2. 雑学

ルーツは”ツケ”?意外と知らないクレジットカードの歴史

今や日本人が1人あたり4枚近く持っているというクレジットカード。その歴史は意外と浅く、現在のようなプラスチックのカードが本格的に普及し始めてから、まだ30年ほどしかたっていません。クレジットカードはどのようにして暮らしに浸透していったのか、その歴史を見てみましょう。

更新日: 2014年04月24日

nileorionさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
130 お気に入り 62020 view
お気に入り追加

クレジットカードの発想はレストランのテーブルから生まれた

1920年代に石油会社がガソリンを購入するカードを作ったのですが、それがクレジットカードの始まりだという説も。

クレジットカードの歴史は、1950年に世界初のクレジットカード会社であるダイナースクラブが誕生したことから始まります。

きっかけは、ニューヨークのレストランでのこと。
食事を終えたマクナマラは財布を忘れてきたことに気づき、あわてて夫人に現金を届けてもらいました。なんとか支払いは済ませたものの、財布の到着を待っているのはかなり気まずいものでした。

弁護士の友人と出資し、現金がなくても食事ができるクラブを設立しました。クラブ名は「食事をする人」=ダイナース。世界初のクレジットカード会社、それがダイナースクラブです。

クレジットカードの語源

1887年に書かれたエドワード・ベラミーの小説ですでに11回もの"credit card"という言葉が登場している。

クレジットカードの「クレジット(credit)」とは、ラテン語の「クレド(cr ed=われ信ず)」を語源としており、もともとは「信用」を意味します。

「クレジットカード」の語自体は、1887年にアメリカの著作家エドワード・ベラミーが、2000年(100余年後)を舞台にしたユートピア小説、『顧みれば』で用いたのが最初とされている。

クレジットは英語でcreditと書き「信用」という意味があります

クレジットカードの発展

この時代では、あそこの銀行がやっているサービスであれば、私の銀行でもやろうという考えがあり、数多くの小規模銀行が、クレジットカードを発行していたようです。

当初、支払いの時に使われたのはカードではなくて紙製のチケットでした。従って、正確には「クレジットの誕生」といえるでしょう。

フランクリン・ナショナル銀行から1951(昭和26)年、カード型のものが発行されました。これが、初めてのカード型のクレジットカードです。

1951年 ダイナースクラブが海外進出を開始しました。(イギリスが第1号。日本は24番目でした。)

VISA、MASTER、アメックスも登場

現金を持たずにモノやサービスが購入できるクレジットカードは大歓迎されました。特に浸透したのが旅行・エンターテインメント業界です。ホテルやレンタカー会社などが自社カードを次々と発行し、バカンス客の囲い込みに活用し始めたのです。

1958(昭和33)年、VISAの前身であるバンク・オブ・アメリカカードを発行したのも、その名の通り、大手銀行のバンク・オブ・アメリカでした。

1958年には、アメリカン・エキスプレスがアメリカホテル組合を設立し、すでに営業兼運営を行っていたクレジットカード会社を買収し、クレジットカード業界へ参入を果たしました。

1966(昭和41)年、複数の銀行がインターバンク・カード・アソシエーションを設立しました。この協会の加盟銀行が発行するクレジットカードが、マスターチャージカード、現在のMasterCardの前身です。

日本のクレジットカードの始まり

仕組みの原型は19世紀の終わり頃の丸善という呉服屋さんが毎月の分割でお金を集めていたのに由来すると言う説も。

クレジットという言葉を初めて使ったのは丸井でそれまでは月賦、割賦と呼んでいました。

丸井が割賦販売用のツールとして、クレジット・プレート、クレジット・カード(使用は一回限りで、現在のクレジットカードとは別物)を発行。

最初のクレジットカードは、今のようなプラスチック製のカードではなく、紙でできたクーポン券でした。
1951年、日本信用販売(後の日本信販、現在の三菱UFJニコス)は、お金の代わりに使えるクーポン券を作りました。

日本を代表する国際ブランドのJCBが設立されたのは、1961年で旧日本信販と旧三和銀行が出資しています。JCBも日本信販を英訳したJapan Credit Bureau が語源となっています

現在の形のクレジットカードは日本が発祥!

当初は、サイン入りの表紙と加盟店名簿を綴じたクレジット冊子を発行 していたのです。

1963(昭和38)年、日本ダイナースクラブがプラスチック製のクレジットカードを発行します。現在のようなクレジットカードを世界で初めて考案したのは、実は日本の会社だったのですね。

日本ダイナーズクラブが発足に際して開発して、アメリカの本部了解のもと発行され、世界中へ広がっていったものです。

1 2





nileorionさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう