1. まとめトップ
  2. おもしろ

虫の名前はややこしい!「トゲナシトゲトゲ」などまとめ

虫の名前はややこしいです。ややこしい名前の虫をまとめてみました。

更新日: 2014年04月26日

aiueossanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
268 お気に入り 204669 view
お気に入り追加

ヘビトンボ

ヘビトンボ目・ヘビトンボ科に
分類される昆虫の一種。

幼虫は古くから孫太郎虫(まごたろうむし)などと
呼ばれ、子供の疳に効く民間薬になります。

名前に「トンボ」があるけどウスバカゲロウなどと同じ仲間

トンボは、「卵→幼虫→成虫」と不完全変態ですが、
 ヘビトンボは「卵→幼虫→蛹→成虫」と完全変態
 します。

トゲナシトゲトゲ

「ハムシ」という虫の
トゲのあるものが「トゲハムシ」
「トゲハムシ」は「トゲトゲ」とも
呼ばれていた。

トゲハムシに属するハムシにも
棘のない種があり、
「トゲナシトゲトゲ」
という和名で呼ばれています。

近年では形容矛盾のため「ホソヒラタハムシ」という和名も使われています。

トゲナシトゲトゲの仲間にもトゲのある種、
「トゲアリトゲナシトゲトゲ」がいるかもしれない。

トゲトゲ(フタイロトゲハムシ)
トゲナシトゲトゲ(フタイロホソヒラタハムシ)
トゲアリトゲナシトゲトゲ(ベニモントゲホソヒラタハムシ)

ニセクロホシテントウゴミムシダマシ

ゴミムシダマシ科
テントウゴミムシダマシ亜科に
分類されている甲虫。

つまり、
ゴミムシの仲間に似た
ゴミムシダマシの仲間の中に、
テントウムシに体型が似ているグループがあり、
そのグループの中に黒い斑紋(星)のあるもの
(クロホシテントウゴミムシダマシ)がいて、
それに似ているが少し違うものです。

クロホシテントウゴミムシダマシと
ニセクロホシテントウゴミムシダマシの違いは
前胸背面の翅に近い所が黒くなっているかどうかです。

ニセクロホシテントウゴミムシダマシの方が前胸部背面が黒いようです

カノウモビックリミトキハニドビックリササキリモドキ

ササキリモドキ(類)と呼んでいるグループは、
直翅目キリギリス上科ササキリモドキ科の総称。

「スオウササキリモドキ」を
ある採集記の紀行文に紹介するときに、
冗談半分でそういう仮名をつけたことが
きっかけで呼ばれています。

チャノミドリヒメヨコバイ

茶の新葉が大好物な緑のヒメヨコバイのため、
「チャノミドリヒメヨコバイ」。

幼虫は黄緑色ですが、
葉の上|こいろと白く見えます。

別名は「チャノウンカ」

コブナシコブスジコガネ

コウチュウ目コガネムシ科。

様々なコブがあるコガネムシの仲間である
「コブスジコガネ」の中で
コブのないものが
「コブナシコブスジコガネ」です。

ナナフシモドキ

木の枝に擬態する普通のナナフシ。
モドキは擬態という意味で付けられています。

木の枝に擬態する
「エダナナフシ」というよく似たものもいますが、
ナナフシモドキと比べ、触角が大変長いため
区別ができます。

植物にそっくりなので目にとまりにくいが、都市近郊にも多く生息している。

1 2





のんびりとまとめています。
Web漫画描いてます下のサイトからよろしければ見てやってください。



  • 話題の動画をまとめよう