1. まとめトップ
  2. 雑学

子どもの成績を上げたければ…成績に直結する子どもの生活習慣とは

子どもの成績と「生活習慣」は密接な関係にあります。従って、子どもの成績を上げたければ、生活習慣を見直し改善することが大事です。成績に直結する子どもの生活習慣をまとめます。

更新日: 2014年05月06日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
150 お気に入り 27498 view
お気に入り追加

▼ 子どもの成績と 「生活習慣」 は密接な関係にある

みなさんは、子どもさんの学力や成績、気になりますよね。この学力や成績が生活習慣によって大きく変わるという事がわかったのです

▼ 「睡眠時間」 と学力は関連がある ※朝型がベター

これによると、生活スタイルは朝型にして、しっかり睡眠をとることが、子どもの成績アップにもつながる、ということになりますね

体力・運動能力調査の結果について、一日の睡眠が8時間以上の子どもが49.58点(男子)および 48.32点(女子)であるのに対し、睡眠が6時間未満の子どもは45.80点(男子)および45.01点(女子)

「子どもらしくない」 生活を送っている子どもは知能指数が低い

就寝時間が遅く目覚めも悪くと、子供らしくない生活を送っている様子が目に浮かびます。就寝時間が12時以降という子供もいるというから驚きです。このグループは、知能指数も非常に低いのだそうです

▼ 「朝ごはん」 は、学業成績に影響を与える

ご飯に味噌汁、おかずは二皿ほどつけて食べると、子供たちの算数の偏差値で8ポイント、知能指数にいたっては20ポイント上がってる

そもそも、「朝ごはん」 を食べないと、頭がよく働かない・・・

朝食を食べない理由が「食べる時間がない」、「食欲がない」ということであれば、こんな身体と心の状態では学力調査の成績がよくなるはずがないし、また朝ごはんを食べないと頭もよく働かないのです

▼ 「歯の健康」 を維持すれば脳がよく発達する

体格はよくなり成績も上がり、病気にもかかりにくい子に育った

実験群の子達の平均IQが3年後に120という極めて優秀な状態になったのです。そして、ほとんどの子がレベルの高い高校に進んだ

一番大事な機能を、常にスムーズに使える状態にしておく

実は、「噛む」、「飲み込む」、「息をする」、これらの行動は、脳幹という部分に生まれつき本能的に持っている、一番大事な機能なのです。それを使うことによって、「脳の発達」 が促されたんです

▼ 「読書習慣」 は、子どもの成長に大きな役割を果たす

思考力や知的好奇心も育てることができ、全ての教科の土台となる

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう