1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

食材のおいしさをそのままに!!覚えると便利な解凍テクニック

まとめ買いしておいたり、買いすぎて冷凍していた食材って使う時に解凍するんですが、解凍に失敗するとベチャベチャになって不味い。せっかくの食材をダメにしない為に、解凍の時ちょっとしたテクをつかって食材を美味しく食べれるようになりたいです。

更新日: 2014年04月27日

hane.nonoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
869 お気に入り 45436 view
お気に入り追加

味を損なわない解凍の基本は?

自然解凍は基本は冷蔵室で解凍する

時間のあるときは味を損ないにくく衛生的な冷蔵室での解凍がオススメです。

魚介類はゆっくり、野菜は急速に解凍にするのがポイント

野菜はゆっくり解凍すると繊維に水分が吸収されスポンジのようになり味が落ちてしまいます。

でも時間がない、そんな時は?

アルミニウムのバットの上に食材を置けば、早く溶かすことができる

お皿の上に置いたときよりも圧倒的に早く溶かすことができます。アルミニウムの鍋でも代用可です。

時間が無い時は電子レンジで様子を見ながら半解凍

生物は特に加熱ムラがおこりやすいので目を離さないようにしましょう。目安は7、8分目くらいにします。

野菜は『素早く』がポイント

ほうれん草は自然解凍で半分溶かし、熱湯で茹で流水で急冷して水をきる

熱湯から取り出したらすぐに流水につけ、急速に冷却して水をきるのがポイントです。

小松菜などの青菜類はスープなどに使う時は凍ったまま加熱調理

サトイモやかぼちゃは凍ったまま蒸すか熱湯でさっと茹でる

煮物に使うときは、凍ったままで少なめの煮汁で煮詰めればOKです。

ミックスベジタブルや豆類は凍ったまま茹でれば色よく解凍できる

グリーンアスパラなどにも使える解凍法です。

魚は旨味を逃がさないように『じっくり』

冷蔵庫の5℃くらいの低温でゆっくり解凍する

細菌の繁殖も抑えられ、ドリップの流出が少ないので味の低下も防げます。

解凍せずにそのまま調理する場合はフライパンで「ソテー」がオススメ

どうしても時間がなくて急ぐ時はソテーにしましょう。ガスレンジ、電子レンジは火が通りにくく不向きなんだそうです。

肉は『氷水解凍法』がオススメ

自然解凍よりも早く溶けて、さらに鮮度も旨味も逃さない

ボールに氷と水を入れ0℃に近付けた氷水を作る

空気をしっかり抜き密閉した袋に食材を入れて沈める

ジップロックなど密閉できる物を使用しましょう。
※食材が浮いてくる時は重しをして、袋に氷の膜がはったらはがしながら解凍します。

1





hane.nonoさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう