かつては和歌山の野上谷に棕櫚山が沢山あったが、現在は棕櫚皮を剥ぐ職人がいなくなり棕櫚の木は皮をはぎ続けないと質が下がり良い製品が作れないため、ほとんどが輸入もの。
しかし製法は今も変わらず、職人の手づくりにより製品が生み出されている。

和歌山の伝統工芸品であり、福岡でも福岡県知事指定特産工芸品とされている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

掃除機を買い換えるより10年、20年もつ美しい日本の箒

畳だけでなくフローリング、絨毯にも使える「箒」。「育てる道具」は長年の良きパートナーとなってくれそう。

このまとめを見る