栃木県央の鹿沼市に伝わる伝統工芸品の「鹿沼箒」。

職人さん自ら育てたほうき草を取り込みし、脱穀、天日干し、選別し編み上げられる。
鹿沼箒の特徴は柄との接合部分が蛤の形に編み上げられていることで、「蛤箒」とも呼ばれている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

掃除機を買い換えるより10年、20年もつ美しい日本の箒

畳だけでなくフローリング、絨毯にも使える「箒」。「育てる道具」は長年の良きパートナーとなってくれそう。

このまとめを見る