1. まとめトップ

ウェブ解析士 という資格 講師と講座の選び方 2016年版

2015年12月に受講者が13,000人を超える資格「ウェブ解析士」全て同じ講座のように見えますが、講師によって少し違うようです、どうせ受講するなら、同じお金を払うなら、良い講師の元に習得したいですね。

更新日: 2015年12月22日

o568さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 12418 view
お気に入り追加

毎年1月にカリキュラムがかわります。知人から2015年の評判を効いたところ、受講生のためにカリキュラムを変えたり教え方に工夫をしている講師とそのまま教えている講師の格差があるそうです。申込の前にもう一度講師を必ず確認しましょう。
資格取得をしても何もならなりません。

ウェブ解析士 講座を受けるなら 講師 を選びましょう

私達の貴重な時間を使い、スキルアップして成果に結びつけるなら、講師も選ぶべきですね。
資格を取りたいだけなら資格発行を目的としている講師でも問題ありません、
今後、ウェブ解析士はどんどん増えてきます。
ウェブ解析を業を考え仕事にしたいのでしたら資格発行だけではない講師を選びましょう

避けるべき講師

自ら集客できない・集客サイトを持っていない

イベントや他者集客サイトだけを利用している

ソーシャルやサイトで活動を可視化していない

安易に値引きだけを拡散している

平日講師は避けましょう。
会社が教育を業務としている場合を除き、平日講師をしているということはウェブ解析を業としておらず、ウェブ解析の本質をしらない方です。

ウェブ解析士の講師は先生ではなく将来の貴方を導いてくれる人

ウェブ解析士の講師は先生ではなく将来の貴方を導いてくれる人です。
成果は生き方であり生き方はビジネスにも通じます。人として接してくれるか、たかが講師ですが、導いてくれる人を選びましょう

初級ウェブ解析士だけで13,000人超えたWebの資格

確認するポイント
・ちゃんとプロフィールがかかれているか
・得意分野があるのか
・URLが表示されているか

講師の探し方

講師はどう選ぶ?
ウエブ解析士の講座は全国各地にあります。
講師はどう選んだらいいか..

毎月開催していることの意味
毎月開催している講師は受講生と接しているため、多くの質問や、疑問点を理解しています。
場数の多は教えるスキルとなります。

講師ってなにやってるの?

ウェブ解析士がどのようなプロフィールか必ず確認!
GoogleかYahooで講師の名前を検索しそこから活動内容が把握し、そこからウェブ解析やアクセス解析を実践している人かどうかを確認する

講座の数だけ多い講師は資格発行が目的
実践をやっている講師の目安は月1回の初級・上級ウェブ解析士認定講座をやっているかどうかです。ただしオープンセミナーは除きます。

「実践経験は重要なポイント」
ウェブ解析は事業に成果をあげる資格です。カリキュラムでも十分習得できますが、
実戦経験について聞けたり、今の仕事の質問を聞けるのは、実戦経験がある講師のみです。

開催数の多い講師はなぜ問題?

ウェブ解析は実務に役立てる資格です、実務に生かすためには実際の活動をしているかが重要です、月あたりの開催数の多い講師は講師業を主にしているため実務をしていない可能性があり事例のお話ができません、受講される方が将来実務で使いたいと考えた場合は、講師の活動も合わせて月1回程度の講師選んだ方がいいみたいです。

ウェブ解析士マスター独自集客サイトない講師は避けよう

1 2

関連まとめ





o568さん



  • 話題の動画をまとめよう