1. まとめトップ
  2. カラダ

『ため息』で幸せが逃げる?逃げない? 実は・・・

ため息って見るからに疲れてるとか、しんどそうとかマイナス面でみてしまいがち。でも、体のリラックス効果があったんです。それは自然に深呼吸をしているのと同じだからです。

更新日: 2014年05月02日

taiyo-7188さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
265 お気に入り 110780 view
お気に入り追加

▼ためいきってあまり印象が・・・

「ため息」をつくと「幸せが逃げる」なんて言われています

ため息って聞く側の人もあまり良いイメージを持たないですよね。。

▼ためいきとは

体に極度の緊張やストレスが現れた際に、無意識に体に空気を多く取り入れようとしておこるのが「溜め息」です

ストレスから「息苦しさ」を感じて、これを解消しょぅとすることから、呼吸に異常が起こるのです

▼いくつも種類がある

資金繰りに窮して、どうしようもないときに出る「ハァ……」というため息

この他にも
・仕事が忙しすぎて出るため息・・・
・失敗してしまったときのため息・・・

ひと仕事を終えて、満足感から出る「フウッ~」というため息

恋人にふられて、落ち込んででるため息

▼実は体にいい

ため息は、自然に深呼吸をしているようなものです。深呼吸は、横隔膜を使った腹式呼吸なので緊張を緩和する働きがあります。つまりリラクゼーション効果があります

ため息はリラックスに向けてしていると思えばネガティブな考えをもたくなていいですよね。

ため息を吐くと、血流量が増加します。血流量が増加すると、副交感神経が優位になるので、リラックス効果が期待

呼吸をするたびに、脳の扁桃体というところで不安や恐怖などのネガティブな感情を認識。ため息(深い呼吸)をすることによって、脳が不安を感じる回数を減らすことができ、ネガティブな感情を軽減

心のリセット法として、体の声に耳を傾けてどんどんつけばよい

実は深呼吸と同じだった。

溜め息は元気の元でもあるのです。しょっちゅう溜め息をついている人は、実は人間に備わっている体の防衛本能が働いており、体の疲れを癒そうとしているわけです

ため息を我慢するということは、体が出してしまいたい悪い気を出さないということです

人前では

なるべく、人のいない所でするのがいいでしょう。今まで「行儀が悪い」とため息を吐くのを我慢してきた人は、時々ため息を吐いて、身体と心の健康に気を使ってみるといいのではないでしょうか

1





taiyo-7188さん

生活の中でのためになる話、美容、健康などについてまとめていきたいと思ってます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう