1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

そんなのあるんだ…お坊さんの専門誌『月刊住職』が話題に

twitter上で「月刊住職」が話題になってるようです。前々から気になる専門誌ではあったのでサラリとまとめてみましたー

更新日: 2014年05月10日

光ぴかりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
234 お気に入り 106274 view
お気に入り追加

ナゾのキーワードをTLで発見…

何か私のタイムラインが今月刊住職祭りなんだが一体全体何が起きてるの…そして私は何でこの雑誌を 知ってるんだっけ

月刊住職で実家の墓の宗派の定義が1行で説明できるあっさり宗派だということが判明w

『月刊住職』っていう雑誌らしい

そんな雑誌があるとは、、、

内容は坊主ネタ満載。宗派を超えた全国の寺院の活動、仏教ネタ、または寺院の問題なども掲載している

発行部数は15000部。ページ数は180弱。これに毎号12ページの別冊「法話特集」が付く。

様々な業界には、それぞれ狭い世界の専門誌があるものだけど、「月刊住職」なんていう雑誌があるとわ(O_O)

月刊住職なんて雑誌があることに驚いたと同時に内容がけっこうえぐい。

パッと見、お堅い内容っぽいが?

「破産宣告の住職」
「墓地事業で騙された寺院」などなど…
なかなか攻めた内容らしいです。

例えば今月号の特集は「幽霊を見たという人に僧侶はどう向き合うか」「カラス、ハト、ハチなど空からの動物被害にお寺はどう対処すべきか」など

専門誌っぽい業界事情だったり、

けっこうドロドロ系だったり…w

「ゆるキャラ特集」なんかもやっちゃう。

月刊住職 最初の記事から面白いっ! お堅い専門誌かと思いきや....... これはハマるかも? p.twipple.jp/eI0eE

今月の月刊住職はカラー広告が凄い迫力 pic.twitter.com/qEnyJ8fSjm

ちゃんと広告もお坊さん向けなんですねw

雑誌「月刊住職」の見出し職人のキャッチーさは異常。「命懸けで高台の寺へ駆け上がれ!」「墓地業者に騙された寺院が銀行と業者を訴えたわけ」「僧侶を愚弄するCMに黙っていられない」とかこんなん。モーニングの編集者が感激していますから。マジで。

モーニングの編集者も感激!

今月号の「月刊住職」、興味深い記事は 「幽霊を見たという人に僧侶はどう向き合うか」というシリーズ記事。 え、お坊さんなんだから、当然除霊とか霊視とか祈祷をすると思った私は心霊番組やホラーの見過ぎです。

40年の歴史を持つ老舗雑誌なんです

創刊は1974年。しかし一度1998年に廃刊し月刊『寺門興隆』と名前が改められたが『月刊住職』というタイトルで2013年12月より再スタートしている

この方が編集長。

編集長は現役の住職・矢澤澄道(やざわ ちょうどう)

24歳で教師資格を取ったが、まだその時点では住職への道に踏ん切りが付かなく、一番最初に願書を出したのは出版社だった

そして銀座八丁目にある「デパートニューズ社」というデパート関係の流通業界の出版社で働いていたそう

編集長みずから取材に出向いているようです。
※画像はプリンコちゃん住職

少し前には編集長が、マジックを披露する『プリンコちゃん住職』、寺にサーキット場を作った『ライダー住職』、夫婦でお経ロックで歌う『ロックンローラー住職』をTVで紹介していたことも

編集長、TVでちょいちょい見かけるかも。

1 2





光ぴかりさん

ジャンルは結構幅ひろいかも。。気になったことを随時まとめてます!



  • 話題の動画をまとめよう