1. まとめトップ
  2. 雑学

プルシェンコの飼っている犬が凄かった!

プルシェンコが飼っているチベタン・マスティフという犬がとにかく凄いという話です。

更新日: 2014年06月08日

91 お気に入り 249378 view
お気に入り追加

■体育会TVで豪邸を披露したプルシェンコ

プルシェンコさんは望結ちゃんを約3カ月前に完成したばかりという新居にも招待し、1200坪3階建ての豪華すぎる自宅をテレビ初公開した。

豪邸も凄かったが

そしてプルシェンコは一頭一億円とも言われる貴重な犬が二匹いる pic.twitter.com/FXBG4EVO3F

犬も凄かった…。

プルシェンコの家が桁外れだったわ。一匹1億円の犬が2匹いてその犬小屋が10畳。息子3人の部屋にそれぞれバスルームに衣裳部屋。末っ子がまだ一歳ちょっとなのにw他に三軒家があるってw

■プルシェンコの飼っている犬チベタン・マスティフとは?

チベタン・マスティフ (Tibetan Mastiff) は中国チベット高原を原産地とする超大型犬。

その名が示すように俗にチベット犬とも呼ばれる希少種

マスティフの語源は、ラテン語のマステナス(玄関)からきており、アッシリア(紀元前18世紀~7世紀まで西アジアで栄えた)で悪魔除けにマスティフの像を作り、玄関に埋めたことに由来している。

■チベタンマスティフの歴史

世界最古の犬種のひとつで、紀元前4千年ごろ、古代バビロニアで軍用犬として使用されたのもこの犬種だろうといわれている。

1280年ごろ、マルコ・ポーロがこの犬をチベットでみかけ、その大きさとたくましさに驚いたことを『東方見聞録』に書き遺したことから、チベタン・マスティフと呼ばれるようになった

チベットで古くから牧羊犬や番犬として飼育されていたが、19世紀初め頃にはチベットでほとんど絶滅

かなり希少価値がある

今世紀の初め、チベットから英国へ輸入されたが繁殖はことごとく失敗し、チベット以外でなければ飼育が不可能と思われてきた。1931年やっと繁殖に成功、動物園で陳列されたほど

■とにかく大きくて高い!

ベンツのSクラス(ベンツ最高クラス)は1000万円で買えるので、チベタン・マスティフの通常個体=ベンツSクラス。チベタン・マスティフの最高個体=ベンツSクラス15台

中国の福建省泉州市内で、チベット高原原産の犬種「チベタン・マスティフ」の発表会が行われ、1匹の犬に約3億7320万円の値が付いた。

桁外れの値段!

チベタン・マスティフは成犬になると100キロを超え、強い身体能力からトラと戦えるという説もあり、中国の富裕層の間では大変人気があるという。

■チベタンマスティフのここに注意

犬種を判断するとき、トラのオリの前に立たせてうろたえなかったら本物だという

…犬…だよね?

飼い主にはかなりの忠誠心を誇りますが、飼い主以外の人、特に外的とみなした相手にはアクティブに攻撃を仕掛ける性格の持ち主

ただ一方で、厳格なしつけが必要で、オーナーは犬の性質を良く知っている必要があり、初心者向けではないとのこと。

躾けないとこんな事件が起こる

1 2





自由な四郎人さん

エンタメをななめ45度から見上げてます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう