1. まとめトップ
  2. カラダ

イタタ…背中の左側が痛い!突然くる「背中の左側の痛み」のまとめ

背中の左側が痛むことがあります。普段の「疲労や姿勢の悪さ」から痛みが生じることがありますが、「左側にある臓器」のトラブルの可能性もあります。その他の不調があるかどうかよく注意しましょう。

更新日: 2015年01月10日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
281 お気に入り 1971019 view
お気に入り追加

▼ 「疲労や姿勢の悪さ」 から痛みが生じることがある

多くは、骨や関節、筋肉などが原因になっていることが多いです

インターネットを行なったり、仕事でパソコンを使用したりして、眼も疲れて、姿勢が悪くて背中が痛くなったりする可能性があります

筋肉と筋肉の間を通る細かい神経が圧迫や血管を圧迫するため血行障害がおこり、筋肉の疲労物質の乳酸がたまるために、鈍重感や痛み

多くの方は姿勢、骨格のゆがみにより、肩甲骨から腰部までの姿勢を維持するための筋肉に過剰に負担がかかっていることが原因になる

痛みの症状と同時に、その他の不調が見られる場合は注意が必要・・

疲労や打撲、筋肉痛などで背中に痛みを伴う場合も多いでしょうが、痛みの症状と同時にその他の不調が見られる場合は注意が必要

▼ 「左側にある臓器」 のトラブルの可能性がある

「心臓、胃、膵臓の病気」 の可能性が考えられます

主に体の左側にある臓器の病気・疾患が多く見られます

左側にある臓器に障害が発生していると考えられます

病気の場合、痛みの症状の他に頭痛や嘔吐と言った他の症状

人間の左には心臓や胃、膵臓など大切な臓器が集まっています

▼ 「胃」 のトラブルの可能性がある

胃の不調の場合は、左の背中から腰まで筋肉がカチカチになったり

胃潰瘍で腰痛になったという方がおられますが、膵臓 (すいぞう) にまで炎症が及ぶと、「 背中の痛み 」を感じることが多いようです

通常の胃炎程度であれば背中の痛みとして感じることは少ないです。しかし、大きな胃潰瘍や十二指腸潰瘍があると背中の痛みとして

胃痛 ⇒ 背中痛 は、かなり悪化している可能性がある・・・

胃のあたりの拡散痛のみならず、背中まで痛みが広がっているようなら潰瘍がかなり悪化しているサインです。早めに受診してください

▼ 狭心症 (きょうしんしょう) の可能性がある

動悸や息切れ、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状も見られます

心臓疾患が左の背中の痛みになって出る場合が多々あります

ひだり背中から下の方に痛みがある場合や、ひだり肩から左腕にかけて痛みがある場合は、「 狭心症の病気 」 の可能性が考えられます

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう