1. まとめトップ
  2. カラダ

【ダイエット】雨続きで太ってしまう!家でも簡単にできる”有酸素運動”とは

梅雨のシーズンや寒い冬、暑い夏になるとどうしても外に出るのが億劫になりせっかくウォーキングやジョギングの習慣がついても面倒になりがち。でも有酸素運動は家でも簡単にできる!ルームランナー等の器具を買ってする方法やお金をかけずにどこでもダイエットする方法。また有酸素運動を効果的にするコツを紹介

更新日: 2016年06月06日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1539 お気に入り 1936482 view
お気に入り追加

雨続きで太ってしまう・・・

しばらく雨じゃん嫌〜自転車があああ太るああああああっアアアア

@okomechaan ホント、すごい雨ですね。仕事が休みなのをいい事に家から一歩も出ませんでした(´▽`)太る一方です....。

雨降りすぎて走れない。 太るやないかい。。 はしらせんかい。。 夏までに65kgにするんやい。 余裕じゃい(*^^*)

▼有酸素運動とは・・・

有酸素運動とは、酸素を消費し充分な呼吸を確保しながらできる運動(ウォーキングやジョギング、スクワット等)のことを呼びます。

▼有酸素運動がなぜダイエットに効果があるのか?

有酸素運動と筋力トレーニングを行うときは、筋トレ→有酸素運動の順番で行うと、有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めることができます。

有酸素運動の役割は、全身の細胞に、新鮮な酸素を供給し、細胞を活性化させることにあるからです。脂肪はエネルギー源なのですから、細胞の活性化=燃焼となります。よって体脂肪が減っていくのです。

▼効果的に有酸素運動をする方法

有酸素運動をするのに一番向いているのは、食後2時間以上経過してからです。
少なくとも1時間以上経過していれば、消化もある程度すんで血糖値も上がってきます。
できれば、2時間程度前に炭水化物をとっておくと、うまく血糖値を上げて体脂肪を燃やしやすくなります。

脂肪が燃え始めるのは運動開始後20分くらいから。日頃、運動経験の少ない人は十五分程度から始め、徐々に三十分程度の運動が行えるようにしていくと良い

朝は体が乾いた状態なので、水分が不足しています。脂肪の燃焼には水分が必要なので、必ず摂取しましょう!

運動前にカプサイシンを摂取することで、脂肪が分解されやすくなるので、より多くの脂肪を燃焼させることができるんです。また、カプサイシンには、血行促進・新陳代謝促進の効果もあるので、ダイエッターの強い見方と言える

水泳が高いからと言っても週に1回だけでは効果が出ません。やることが面倒でなく、自分でも楽しめるもので、週に10時間は出来るものが良いです。

脂肪を分解・燃焼するためには充分な量の酸素を必要とします。しかし、息が切れてしまう程のきつい運動ではバテてしまうだけで、脂肪は燃えてくれません。

有酸素運動の合間に筋力トレーニングをはさむ方法(サーキット・トレーニング)で、さらに効率よく、エネルギーを燃焼させる事が出来ます

▼自宅で簡単に”有酸素運動”をやってみよう

ステッパーはすごく手軽で、多くのカロリーを消費できる運動なんですよ。サーキットトレーニングにも多く取り入れられていますよね。消費カロリーは315kcal

負荷を調節できるとはいえ、普段から運動をしていないとなかなか難しいもので、その分エアロバイクよりカロリー消費は高くなります。
下半身の筋肉を非常に使いますので、はじめは負荷を軽くし、徐々に上げていくとよいでしょう

①足を肩幅に開き、胸を張って立ちます。手は頭に組んでも降ろしててもOK
②息を吸いながらお尻を突き出すように腰を落とします
③膝をおおよそ90°ぐらいまで曲げて5秒ほど維持
④息を吐きながらゆっくり元の姿勢の戻ります。

スクワット時は足よりも膝が前に出ないように、また、背筋は曲がらないように注意します

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう