1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

使い方を知らない?和式トイレで便秘になる子どもが急増中

近年、洋式トイレの増加に伴い和式トイレに触れる機会が減っていることから、和式トイレで用を足せない子どもが急激に増えているそうです。その為、学校での排泄を我慢し、結果便秘になってしまう児童が増えています。

更新日: 2014年05月18日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 136062 view
お気に入り追加

■和式トイレを使えない子どもが増えている

最近は、家庭に洋式トイレが普及していることもあり、和式トイレをほとんど利用したことがないというお子さんが増えています

トイレの洋式化で和式を経験しない子どもも増え、入学前に和式の練習をする幼稚園や保育園もあるという

■背景には和式トイレの減少

「和式はしゃがむから体育の時みたいに足が疲れる。洋式がいい」

最近の子どもたちはしゃがむとバランスが取れず、うしろに倒れてしまう

生まれた時から洋式便器で生活している子供にとって、和式便器で用を足すこと自体が苦手な事が多い

■便秘になる子どもも増えている

便秘といえば女性がフォーカスされるけど、小学生男子はうんこマンを恐れるあまり少なくない人数が便秘になってて、でも大人になっても便秘と気づかず当然だと思ってるから話題になってないだけなのかもと気づいてしまった

日本トイレ研究所と王子ネピアの共同調査では、首都圏の22の小学校の1~3年生1579人のうち、「毎日排便している」と答えたのは4割弱

一方、「3日以上連続で排便がない」は1割で、「7日間で一度も排便がない」児童も約1%(20人)いた

便秘傾向の背景には、学校のトイレに行きたがらないということがある

和式の便座しかないという場合、和式便座に子供が慣れないために、便意を我慢してしまうということがある。

■子どもの便秘には危険性も

子どもの便秘は「そのうち治る」と甘くみてしまいがちだが、慢性化すれば治療に何年もかかるケースがある

悪循環を繰り返し、慢性化して腸が太く長くなり、より悪化して「便失禁」などを起こすようになることがあります

毎日数度の排便があっても、便が硬くときに出血を伴う場合や、三十分以上トイレに座り子供が苦痛を訴える場合は、治療の対象になります

■子どもと学校でのトイレ事情

小学校でうんこしたら負けみたいな風潮はどうにかした方がいいと思います!!

小学生300人中74%の子どもが「学校でうんちをすることに抵抗がある」と答えています

(小林製薬調べ)

男子トイレは大便器だけが個室なので、個室に入っているとうんちをしていることが友達にわかってしまい、あとでからかわれる

トイレで排便すること自体が「恥ずかしい・冷やかされる」といった意識も根強く、正しい生活習慣を阻害する要因にもなっています

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう