1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

秩父の天然氷!阿左美冷蔵のかき氷が絶品らしい

これはいきたい!埼玉のかき氷の聖地と呼ばれる「阿左美冷蔵金崎本店」。秩父山系の雪解け水をつかった天然氷でできた絶品かき氷には行列ができるんだって!

更新日: 2014年05月31日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1045 お気に入り 365074 view
お気に入り追加

かき氷の聖地と呼ばれる埼玉県秩父の阿左美冷蔵。
行列を作り出す絶品かき氷のコダワリをまとめました!

カキ氷には一部で「聖地」と崇められている場所がある。
それが秩父にある創業1890年の天然氷蔵元「阿左美冷蔵」

日本で3箇所しか作られていないという天然氷を、贅沢にもカキ氷として食べることの出来る秩父長瀞の名所

夏の炎天下で3時間もの行列ができるため、行列客は「氷を食べるために水分補給しなくちゃいけないなんて笑っちゃう」と語る

阿左美冷蔵 金崎本店
阿左美冷蔵 寶登山道店

阿左美冷蔵公式ホームページ
http://orange.zero.jp/vodka.rose/

「阿左美冷蔵」かき氷へのこだわり

上から、
黒蜜まっちゃ小豆、まるごとみかん、乙女の苺

左から、
桜もち、もも、沖縄黒みつ

定番で人気の高いいちご、抹茶のシロップ。

和三盆糖を使った秘伝の蜜や果物の果肉が入ったものなど、素材を生かしたオリジナルのシロップは魅力的

いちごやみかんといった自家製シロップもすべて果汁100%無添加のの天然シロップというこだわり

シロップは、自家製の梅酒、あずき味のほかに、クリーミーなキャラメル味などもあるので様々な味が楽しめる

和三盆を煮詰めた秘伝みつは、上品な甘さであっさり。

白あんを載せたり、梅干しで口がさっぱりさせたり。

あまりシロップの味がしない・・・。食べていくにつれ、シロップの味ではなく、氷の味を感じるようになりました。

全ては淡雪のようにしゅっと口の中で溶けて、この瞬間、今までのかき氷の概念が覆される。口に残る淡い甘さ。この天然氷の自然の旨味を味わうため

最大の魅力!かき氷に使う秩父の天然氷

このかき氷の特徴は、宝登山でつくられた天然氷を使用している事。

氷をスプーンですくってみると、まず、その手ごたえが普通と違う
普通のカキ氷なら、ザクザクパリッとした手ごたえだと思うんですけど、この天然氷のカキ氷は、「ねっとりほわほわ」

長瀞の宝登山麓から湧き出た沢の水を使用して作る氷は、ミネラル成分たっぷりで、まろやかな味わい

ガツガツ食べてもキーンとならない適温-4℃の氷でできている

通常の氷は-15℃で冷たすぎるので、頭がキーンとなる

そのため、最初は何もかけずに氷のみを楽しんで、少しずつシロップをかけて上から食べるのがオススメ

ただ湿度・温度が高く、氷が再結晶化してしまうので、天然氷の柔らかい食感を夏の野外で楽しむのはちょっと厳しい

いくなら、いまの季節かもしれない・・・

この天然氷は、こうして造られる

秩父の冬は滝が凍るほど寒く、深く雪が積もる。
その雪解け水を使い、手間暇をかけ天然氷にする。

【秩父源流水】
秩父山系の雪解け水が山肌にしみ込み広葉樹林と石灰岩層に浄化され、天然のミネラルが溶け込んだ滋養分のある清い岩清水

その秩父山系にある宝登山の源流水を凍らせて、平安時代から続く伝統的製法と真冬の寒さで氷を育てている

1 2





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。



  • 話題の動画をまとめよう