1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

タバコより危険!?国連が警告を出したジャンクフードの危険性

国連がジャンクフードについて「タバコより危険」と警告を出しました。なぜそんなに危険なんでしょう・

更新日: 2014年05月21日

worldwideさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
473 お気に入り 450061 view
お気に入り追加

国連がジャンクフードについて「タバコより危険」と警告を出した

国連のデシューター特別報告者(食料問題担当)は20日までに、高カロリーで栄養バランスが悪いジャンクフードなど不健康な食品について「地球規模で、たばこより大きな健康上の脅威となっている」と警告、課税などの規制を急ぐよう各国に促した

デシューター氏は2012年に国連人権理事会に提出した報告書でも、不健康な食品への課税やジャンクフードの広告の取り締まりなどを実施するよう提言していた

肥満が現在でも世界的な問題となっており、糖尿病や心臓病、それに伴う合併症などに十分な警告がおこなわれていないことに不満を表明した

同氏は、「タバコの危険性について世界中が足並みを揃えて規制を行ったように、適切な食事についての思い切った規制の枠組みに世界は今すぐ合意するべきだ」と、緊急の対応を世界に求めた

そもそもジャンクフードとはどういった食べ物を指すのか

即席麺(めん)やスナック菓子など多種・大量に生産されている食品。また、高カロリーだが、栄養価が低く、添加物の多い食品

子供に食べさせると脳への影響も

やはりジャンクフードは肥満になりやすい

32匹のメスのマウスを2つのグループに分け、一方にはトウモロコシや魚など加工されていない食事を、一方にはジャンクフードをイメージし、糖分と塩分を高くした食事を与えました

3ヶ月も経つ頃には、ジャンクフードを食べているマウスは、明らかに太ってきたと言います。このことから、ジャンクフードを食べ続けることで、肥満になりやすいことも確認されました

・さらに頭の動きも鈍くなる

。ボタンを押すと食べ物や飲み水が出てくるようにした装置では30分間観察すると、健康的な食事を摂っていたマウスと比べて、ジャンクフードを摂っていたマウスは、一度食べ物や飲み水を得てから再びアクションを起こすまでの休憩時間がおよそ2倍かかっていたといいます

人はなぜジャンクフードを美味しいと感じてしまうのか?

ジャンクフードがなぜ美味しいのかと言うと、それは油を多く使っているからです

人は不思議とカロリーの多い食品を美味しいと感じる傾向があるんです

ジャンクフードをつくる食品メーカー各社は、脳を刺激し、何度でも繰り返し食べたくなるような、塩、砂糖、脂肪の完璧な組み合わせを追求しています

・食感にも秘密が

ダイナミック・コントラストを備えた食べ物は、「外側にカリッとした歯触りの部分があり、その下に、味を感じさせる成分がたっぷり含まれた、柔らかい、あるいはクリーミーな物が入っています

脳は、こういう物をかじると、珍しくて刺激的だと感じるのです

色々なものを食べて、栄養が偏らないようにする事が肝心

お店で食品を購入する際には「5つの原材料ルール」に従うという手もあります。なぜなら、そういう食品には、もっと食べたくなるような仕掛けが施されている可能性が高いから

脳は目新しいものを欲しがります。食生活に変化を持たせて目先を変えていくこと

料理に新しいスパイスや風味を加える方法が見つかれば、健康的な食事をもっと望ましい体験にすることができるでしょう

1 2





worldwideさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう