1. まとめトップ
  2. ガールズ

なかなか治らない大人ニキビは婦人科系の病気のサインかも...

大人にきびは、過剰な皮脂分泌、加齢によるターンオーバーの乱れの他に、ストレスやホルモン異常、生活環境など様々な要因によって引き起こされるため、より複雑です。

更新日: 2014年05月30日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
195 お気に入り 197449 view
お気に入り追加

◆大人ニキビの原因

脂っぽいものや糖分の摂り過ぎ、アルコールやカフェイン、辛いものなど刺激の多い食事やタバコ

ストレスや紫外線、タバコなどにより、皮膚内の活性酸素が増えることがニキビ悪化の要因であることもわかっています。

大人にきびは、過剰な皮脂分泌、加齢によるターンオーバーの乱れの他に、ストレスやホルモン異常、生活環境など様々な要因によって引き起こされるため、より複雑

◆なかなか治らないニキビは婦人科系の病気の可能性がある

なかなか治らない、つまり難治性ニキビをもたらす疾患でもっとも多いのが、「多嚢胞性卵巣症候」(PCOS)という婦人科系の病気です。

卵巣や子宮などに疾患が生じた場合、初期の症状としてホルモンバランスの崩れからニキビが発生することがあります。

卵巣や子宮など婦人科系のトラブルを抱えている場合、大人にきびができやすくなるということ言われている

◆「多嚢胞性卵巣症候」(PCOS)とは

女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。

多毛やにきび、声が低音になるなどの男性化兆候、あるいは肥満になりやすい傾向があります。

若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。

◆アゴ周りに出来たニキビは要注意

顎のニキビがなかなか治らなかったり膿んでしまうような場合は婦人科系疾患も疑ってみる必要があります。

病気が原因でできるニキビは、あごやフェイスラインに集中してできる場合が多いようです。

卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下して、ニキビが出来やすくなってしまいます。この場合のニキビはあごの周りに出来やすいとされている

◆黒っぽいニキビにも注意が必要

子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人科系の病気がある人に出来やすいからこそ、黒っぽいニキビが現れた場合は要注意。

子宮筋腫や子宮内膜症は、血行不良や血行障害を起こします。だから、黒ニキビが発生しやすくなると考えられています。

◆大人ニキビの予防法

ニキビの予防におすすめの栄養素は、ビタミンB群で中でもB2とB6が特に重要です

ビタミンB2を含む食品として、うなぎや海藻、卵やヨーグルトレバーなどに多く含まれています。ビタミンB6は、小麦胚芽やレバー、大豆、まぐろやサバ等の魚に豊富です。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう