1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

怖すぎっ…パリに骸骨まみれの観光地があるらしい(;゚Д゚)

フランスにあるカタコンブ・ド・パリ…これは一度行ってみたい。(本物の骸骨なので、苦手な方は注意してください。)

更新日: 2014年06月02日

聖治54さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
955 お気に入り 391826 view
お気に入り追加

地下墓地「カタコンブ・ド・パリ」

カタコンブ・ド・パリ - フランス 全長322kmにも及ぶ巨大な地下墓地トンネルで人骨が無数に散乱している。一度足を踏み入れた者は二度と出られないと言われており立ち入りが禁止されている。 pic.twitter.com/2s3U9i6Yij

「カタコンブ・ド・パリ」これ入ったらガチでスケルトンに襲われそう bit.ly/1dwEBFV

それはパリの裏名所

エッフェル塔、ルーブル美術館など有名建造物の宝庫であるパリ。その一方で人骨が大量に眠る観光地が存在する

1700年代後半に作られた市営地下納骨堂「カタコンブ・ド・パリ」

人口増加のため墓地のスペースが足りなくなり、葬る場所がなく、あちらこちらに放置された遺体を、これまで鉱石などを掘るために、使われていた坑道内に運び込んだのが始まりだったとか

様々な教会からの骨も加わり、その数600万体。数世紀分の骨が、集まっているが、特に1418年のペスト患者のものが多いとか

実際に入園することもできる

18世紀後半に一般公開され、19世紀初頭に観光名所となっている

「入口から出口までけっこう歩きます。トイレに行きたくなると、本当に大変です…、同行者(母)経験あり。」

まずは螺旋階段をひたすら降りていく

「カラダを震わせながらも、永遠に続くかと思われるような狭い、狭い石の螺旋階段を延々と降りていくアタシ…。(あまりに長くて、眩暈がしそうだったわ…)」

「入った瞬間からひんやりしていて、狭いらせん階段をどんどん、下りていきます。」

「降りたつと、暗く、長い地下道があります。前に人がいないと、本当に怖くなります。」

奥にはすさまじい数のガイコツたち

「納骨堂だけどお客さんはみんな変な興奮に包まれています。」

「人骨はむき出しのまま、秩序を保ちながら山積みにされていた。どの骨が誰の骨なのか、もはやわからない。」

1 2





聖治54さん

楽しくまとめを作りたいと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう