1. まとめトップ
  2. カラダ

あなたはどのタイプ?症状別に見る〝いびき〟の原因と対策法

いびきをかく人は、3~4人に1人の割合でいると言われています。いびきは、自分では自覚しにくいですが、中には自分のいびきで目覚めてしまう方もいるようです。自分がいびきをかいていると分かったら、早めの対策が肝心です。いびきの原因と対策法をまとめてみました^^

更新日: 2014年06月02日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
210 お気に入り 140966 view
お気に入り追加

もう!いびきがうるさいっ!

新婚になって変わった事は!いびきがうるさいょ!!

▼自覚しにくい自分のいびき・・・。

Photo by BananaStock / BananaStock

いびきをかく人は、3~4人に1人の割合でいると言われています。
いびきは、自分では自覚しにくいですが、中には自分のいびきで目覚めてしまう方もいるようです。

いびきというと、男の人がかくというイメージがありますが、意外と女性にも多い

▼家族、友達、恋人にまで迷惑を掛けてしまっているかも・・・?

Photo by Stockbyte / Stockbyte

いびきをかいてる本人は分からなくても、周囲に迷惑がかかっていることも。
公共の乗り物等で、他人のいびきを聞くこともありますよね・・・。

自分のイビキがどれほどのものなのか、分からない人がほとんどです。周囲に言われてはじめて自分がいびきをかいていると知る

うるささから周囲にかなりのストレスを与えるものですので、人間関係の亀裂を生むこともある

どんなに寝顔がイケメンだったり、きれいだったりしても、豪快ないびきをしていれば百年の恋もさめてしまいます。

▼睡眠の質まで落としてしまう。

Photo by Stockbyte / Stockbyte

しっかり眠っているつもりでも中途覚醒や浅い睡眠が増え、酸素不足になるため、疲れがとれず、日中強い眠気に襲われ、思わぬ事故を招いてしまうこともあります。

▼そもそも、いびきって何?病気なの?

睡眠中は全身の筋肉が緩み、舌を含むのどの周りの筋肉も緩みます。寝ることで重力が下に落ち込み、気道がより狭くなり、そこに空気が通ると周囲の組織が振動していびきが起こります。

いびきは睡眠中に空気が上気道を出入りするときに起こる抵抗音と、粘膜の振動による振動音のこと。

Photo by Visage / Stockbyte

①単純いびき症(一時的なものであり、原因を取り除けばいびきは解消します)

②睡眠時無呼吸症候群(睡眠中に呼吸が停止する状態や止まりかける状態が何度も繰り返される病気です)

③上気道抵抗症候群(軽症の睡眠呼吸障害です)

②、③の場合は、注意しましょう。

呼吸が止まることがなければ病気として心配する必要はほとんどありません。

一時的な「いびき」であれば問題ありませんが、慢性的に「いびき」をかいている場合は、何らかの病気が隠れている場合もあります

原因は何?症状別「いびき」の原因と対策法。

①口呼吸。

寝ている間に口を開いて呼吸をしがちになるといった、いわゆる口呼吸になっていることが多いので、上気道(鼻から咽頭までの空気の通り道)が狭くなって空気抵抗が大きくなり、いびきが発生する

Photo by Robert Daly / OJO Images

普段から口で呼吸している方は、寝るときも口を開けて口呼吸をしている可能性が高いそうです。
普段から鼻呼吸をする意識を強めて改善しましょう。

口呼吸だと舌が沈みこんで気道を圧迫し、いびきを悪化させてしまいます。他にも口呼吸は口臭の原因になったり、関節リウマチ、花粉症、ドライマウスなど、様々な病気を引き起こします。口呼吸の改善は、いびきを治すだけでなく、他の症状を治すのにも効果抜群です。

口呼吸をしているのであれば、鼻呼吸に改善をするようにしましょう。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう