1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

話題のChromecast(クロームキャスト)って何ができるの?

5/28に国内で発売開始となり、大きな話題になったChromecast(クロームキャスト)。テレビで高品位な映像コンテンツを楽しめる端末だとは何となく分かっていても、詳しい使い方が分かりにくいという声も聞こえます。従来のスマホやPCの映像をテレビに映す「ミラーリング」とどう違うの?調べてみました。

更新日: 2014年05月31日

411 お気に入り 328404 view
お気に入り追加

日本でも5/28に急遽発売、話題沸騰のChromecast

テレビにHDMI接続してYouTube動画などを楽しめるスティック型デバイス「Chromecast(クロームキャスト)」を28日午前9時から日本国内で発売開始

価格は税抜4200円。

Amazonやビックカメラ、ヤマダ電機グループなどでも販売

Google Playでの販売の他、Amazonや量販店等でも購入が可能です。

昨年7月に米国で発表するやいなや、注文が殺到し、キャンペーンは繰り上げ終了、端末も在庫切れとなったお墨付きの人気商品

先行して昨年発売開始となっていた米国などで人気となり在庫希少となったため、日本での販売が遅れたといわれています。

Chromecastって何ができる端末なの?

Chromecast はテレビのHDMI 端子に差し込むことで、動画・音楽・ゲームなどのWebコンテンツをTV上で表示できる端末です

テレビのHDMI端子に接続し、給電はテレビのUSB端子またはコンセントに接続するだけ。

セットアップすると、Chromecastは自宅の無線LANアクセスポイントに接続し、同じネットワークに接続するアンドロイド機やiOS機、Windows、MacOSのマシン(以下ホストと呼びます)と接続が可能になります

Chromecast単体では何もできないのでご注意を。スマートフォンやPCなど、必ずホストとなるマシンが必要です。

Chromecastをテレビに接続することで、スマホのYouTubeやGoogle Play 映画&テレビなどのアプリで再生中の番組を、画面上部に表示される[キャスト]アイコンから出力先としてChromecastを選択するだけで、テレビに映像を出力できる

最高で1080p(フルハイビジョン)画質の映像をスマートフォンなどからChromecastを接続したTVに出力することができます。

従来の「ミラーリング」とどう違うの?

MiraCastなどのリモートディスプレイは、スマートフォンやタブレットなどのホスト側でテレビ用にレンダリングを行い、フレームデータを無線LANで送信します。このため、テレビ側につながったアダプタは、単純にフレームデータを受信して表示しているだけです。

MiracastやAirPlayといったミラーリング(リモートディスプレイ)は、単純にPCやスマートフォンの画面をテレビに転送しているだけです。

一方、Chromecastでは、YouTubeアプリはあくまで指示を行なうだけで、実際の映像データはYouTubeからChromecastに直接ストリーミングされる

Chromecastは端末自体がインターネットから映像データを受信し、テレビに映し出すことができます。スマホなどのホスト端末からは「指示を出すだけ」。つまり、指示を出し終えた後はスマホで別の作業もできるし、ミラーリングのようにホスト端末に負担をかけることもありません。

スマートフォン側はリモコンとして動作し、早送りやタイムシークバーを使ったスキップ/バックなどの操作や、複数のAndroid/iOSデバイスからの操作に対応する

Chromecastに対応したアプリ等であれば、再生などの指示をスマホやPCで行うだけで、あとはChromecast自体がデータをストリーミングしてくれます。

パソコンで利用できるWebブラウザ「Google Chrome」 のタブも表示でき、間接的にWeb閲覧に利用することもできます

Google社が提供するウェブブラウザ「Google Chrome」のタブのひとつをミラーリングでTVに映すこともできます。
この方法を使えば、現在Chromecastに対応していないニコニコ動画やHuluなどもTVで視聴可能になります。

発売直後。まだまだ不満もあるみたい

すごく便利なChromecastだが、残念なのは「対応アプリが少ない」という点に尽きる

現状、YouTubeのほか、Google Play映画などのGoogle系アプリ、あとはdビデオとauのビデオパスという定額制ビデオ配信サービスのみが対応しています。
今後の対応サービスの拡大が期待されています。

Chromecastはけっこう「アプリ次第」な感じもするので、今後アプリによってどれだけ便利になるのか、その辺に期待したい

Chromecastにアプリを対応させるための「Google Cast SDK」が公開されており、今後色んなアプリがChromecastに対応していくものと思われます。

みんなの声

家の者がchromecastなるものを持ち込んで嬉々として遊んでいる。そういえば初期のkindleもいつの間にかうちにあったし。 買ってもいいけど相談してほしい・・・。

ニコニコ動画が対応すればChromecastかなり売れるじゃないだろうか

chromecastはコンセントに繋げると電源入りっぱなしになるなぁ。テレビのUSB1つしかないからどうするか

ヤマダでChromecast売ってて衝動買いしてしまった(。-_-。)

Chromecast届いた。セットアップが予想以上に楽。娘は大画面でレリゴーできて楽しめてるみたい。 pic.twitter.com/dACGI6C8l3

Chromecast、youtubeでMV観るのに良い感じ。PCのデスクトップストリーミングは遅延が思った以上にあって微妙。Wifi環境の速度/安定性次第なんだろうけど。

Chromecastすごくいい。avia media player使えばローカルデータもテレビで再生可能。 ダメっつってる人は何がダメなんだろうか。

Chromecastの検索で見かけたワードで、「プロジェクター」(大画面プレゼン用途)とか「サイネージ」といったビジネス寄りの期待を寄せる物も印象に残った。 要するにHDMIの付いてる映像機器は、全てアプリの表示モニターにできるわけで、これはアプリ側の発想が試される部分でもある。

1





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう