1. まとめトップ
  2. 雑学

【日本でも海外でも】日本の緑茶だけじゃない!茶柱が立っていると縁起がよいとされる言い伝えとは

日本では「茶柱が立っていると縁起がよい」といわれている。同様のいいつたえは、同じ緑茶文化圏の韓国の場合でもみられるようです。しかし、この言い伝えは、日本や韓国などの緑茶文化圏だけの話じゃない!紅茶文化圏でも、茶柱が立っていると縁起がよいとされる言い伝えがあるようです。

更新日: 2014年06月02日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 15030 view
お気に入り追加

「茶柱が立つ」ことはうれしい事?

・日本では「茶柱が立っていると縁起がよい」といわれている。茶柱が立ちやすいとする製品が受験生向けなどに販売されるほど、この迷信は日本人の中で深く根付いている。

“茶柱が立つ”ということは、めったにないありがたいことのたとえ

お茶に茶柱が立っていたら「わ!いいことがありそう!」そう思うに違いありません

・本当に良い事が起きるのかどうか、現実は別なのかもしれないけれども、気持ちだけは明るくなりそうです。

家の柱=大黒柱が立つ、という連想から、一家の安寧や繁栄につながる、と考えられるようになった

・日本の守旧的な家父長制度の文化が、良くも悪くも根付いてしまっていることが垣間見える。

日本や韓国など、緑茶文化圏では「縁起が良い」と捉えられている

日本人なら茶柱が立って気分を害する人はいない

・実は、茶柱が立つ現象を喜ぶのは、「日本人」だけではないのです。

韓国も日本と同様茶柱が立つのはめったにないことなので縁起が良いとのこと。

・日本と韓国は、文化としては良く似ている部分が多いですね。

しかし、イギリスやアメリカなど紅茶文化圏でも、茶柱が立つのは「縁起が良い」ことなのだそうです。

・イギリスやアメリカなどは緑茶ではなく紅茶の話になりますが、こうした紅茶文化圏でも、茶柱が立っていると縁起がよいとされる言い伝えがあるようです。

茶柱が立つと訪問客がある
ちなみに茶柱がかためのものだと男性、やわらかめなものだと女性が訪れると言われています。

男女で一緒にティーポットを持ち、紅茶を注ぐとそのカップルに子供が生まれると言われています。

・ただ、子どもを生むのを望まない未婚女子にとっては、この迷信はあまり喜ばしくない話なのかもしれないですが・・・。

「女性限定」で強く信じられている“紅茶のジンクス”があります。それは、「茶の茎(くき)が紅茶の表面に浮かんだら、いつか背が高く、ハンサムな男性にめぐり合える」というものです。

・ということは、ハンサムな男性と一緒にティーポットを持ち、紅茶を注いで茶柱が立てば…。ということを想起する女子がいるかもしれないですが・・・。

1





shiro05さん



  • 話題の動画をまとめよう