1. まとめトップ
  2. 雑学

幻の「ラジオ体操第3」がなんだかスゴイっぽい…!

ラジオ体操第3があるなんで知らなかった。

更新日: 2014年06月06日

320 お気に入り 206182 view
お気に入り追加

ラジオ体操「第3」があったヽ(゚Д゚;)ノ!!

終戦直後に1年半だけNHKが放送し、「幻のラジオ体操」とされるラジオ体操第3

滋賀県の東近江市では、市民の健康づくりのため、幻のラジオ体操と呼ばれている「ラジオ体操第3」の普及活動が行われている

一体、どんな体操なのか?

第1、第2に比べると動きが速く、手を伸ばしたりジャンプするなどの動きがダイナミックで複雑、つまり、運動強度が高いことが特徴

両腕をぐるぐる回して屈伸したり、両脚を開閉してリズム良く跳びはねるなどの複雑で躍動的な動きが多い

さらに音楽のテンポも速い

テンポが早い舞踊調の音楽で、体操の掛け声が一切入っていない

速い音楽と、ただでさえ第1、第2体操よりも複雑な振りが相まって、とても難しい

ラジオ体操第3をやってみた人からは「テンポについていけない」「疲れる」と、弱気の声があがっている

難しすぎて普及しなかった「第3」

ラジオ体操の振り付けが複雑で難しい、放送時間が不規則などの理由でなかなか国民の間に浸透しなかったらしい

複雑な動きをラジオで伝える(映像なしで音声のみで伝える)ことが難しかった事も、1年半という短期間で幻になった理由だという

現在、普及活動が行われている

ラジオ体操第3に挑戦する東近江市職員ら

適度な負荷が精神疾患の予防につながるとして、滋賀県東近江市と龍谷大がラジオ体操第3の再現に取り組み、昨夏全貌が明らかになった

6月2日より、東近江市役所に勤務する市職員が昼休みの運動に導入し、体操に挑んでいるという

また、東近江市では市民の健康づくりとして、この体操の普及を進めており、体験教室なども開いている

東日本大震災後の心のケアを課題にする福島県郡山市からも問い合わせがあり、映像を提供するなど全国的な普及を目指している

1





ノゴローーさん

まだ慣れてませんがよろしくお願いします!



  • 話題の動画をまとめよう