1. まとめトップ

交通事故での慰謝料の相談について!!!

交通事故の慰謝料の請求って個人では難しいですよね…

更新日: 2014年06月06日

bosekisukiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3438 view
お気に入り追加

事故ってしまうとテンパって、自分がどういう対応をすればいいのか分からなくなりますよね…

▼交通事故での慰謝料請求??

正当に慰謝料が支払われない!!!といったトラブルも多いのが交通事故です。
そんな時に泣き寝入りするのではなく、然るべき場所に相談する事が大事です。

弁護士さんに相談する事が1番安心!!!

後遺障害の具体的内容がわからないので詳細なアドバイスはできませんが,交通事故に詳しい弁護士であれば,後遺障害認定前についても内払いの交渉をしてくれたり,自賠責の被害者請求という形を取ってお金を先取りしてくれる可能性があります。また,その後の異議申し立てなどについても適切に対応してくれると思います。
中には,あまり交通事故はやっていないという弁護士もいますので注意してくださいね。

交通事故に詳しい弁護士さんにお願いする事で、より安心出来ますよね。

問題は弁護士に何を求めるかですよね。
①さっさと裁判だけやってある程度の所で和解してくれば良いのか、
②高度な判断のもと絶対的勝利を獲得して欲しいのか、
③裁判に至る前の証拠作成部分の協力が欲しいのか、
どこを求めているのかご自身で整理してから検討したほうが良いです。

①ならどの弁護士でも大差ないと言えます。
②なら弁護士は選ぶべきです。が、ご自身も動く必要があります。
③ならほとんどの弁護士は「俺の仕事ではない」と思っています。

②、③を求めているなら、
弁護士へ依頼する前にどこまで突き詰められるかがカギです。
その部分は行政書士のほうが得意です。
(もちろん本当に専門にしている所でないと無意味ですが。)

自分が求める事をしっかりと考えた上で、弁護士さんや行政書士さんを探すと良いようですね!!!

和解で済まない弁護士のほうが力が無い場合もあるので上手い交渉かと思いますがね。
十分示談していいと思いますが自分の納得、妥協ポイントがあるのか不明ですが不安なら交通事故の判例などを探して賠償額など調べて参考にすればいいと思います。
12から8になっている時点で不満はないと個人的には思います。
もちろん半身不随や四肢のいずれか切断など受け入れがたい場合は苦痛以上のものがあるので示談が遅れるのは普通の状況ですね。

弁護士さんを信頼しる事が出来るかどうかは、自分の妥協点にも関わるようですね。

交通事故に遭ったらまずは冷静な対応を…

冷静になる事が出来ずに、その場の判断で色々と決めてしまう人もいますが
まずは落ち着いて事故の状況を把握するまでは自分の判断で先々決めるのは避けましょう。

交通事故に詳しい弁護士さんをお願いする事で、穏便に正当な解決が出来るように進めて行きましょう。

交通事故に詳しい弁護士事務所一覧

1





bosekisukiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう